症例集(Dr.杉内)

症例①

虫歯がたくさんあり、銀歯に穴が空いているのが気になる

年齢 30代女性
主訴 虫歯がたくさんあり、銀歯に穴が空いているのが気になる
治療
期間
1年半
費用 ・左下67FCZインプラント:440,000円×2
・右上7GBR+サージカルガイド+IV:110,000円+55,000円+77,000円
・右下6FCZクラウン:110,000円
・右下75・右上654・左上67・左下5セラミックインレー:55,000円×8

※全て税込となります。

レントゲン写真(治療前)

【担当医師所見】
左下奥歯は親知らずが原因でクラウン(かぶせ物)の下まで虫歯になっています。 またその手前の歯は根中央部に大きな透過像(黒い像)が見られます。クラウン除去後、マイクロスコープ下で確認したところ中央部は亀裂が入り保存不可能な状態になっており抜歯となりました。
また右上6番にも大きな透過像があり虫歯となっていることがわかります。

【担当医師所見】
①親知らず手前の歯はクラウン(白い不透過像)直下に大きな透過像(黒い部分)が見られこのような場合は抜歯になる確率が高いです。

②歯根分岐部(中央部)に及ぶ歯周炎ー根尖性歯周炎の原因はクラウン除去後にマイクロスコープ下にて破折線を確認したため抜歯となりました。

治療前と治療後の比較(下から見た写真)

治療前

治療後

【担当医師所見】
右上の銀歯の下にあった虫歯は大きかったものの歯の神経を残すことがなんとかできたので部分的なセラミックのつめ物(セラミックインレー)での治療となりました。
また反対側の奥歯も古くなっており、将来性を考えセラミックへ変更しています。

治療前と治療後の比較(上から見た写真)

治療前

治療後

【担当医師所見】
右下の大臼歯部は抜歯後治癒を待ち、骨造成とインプラント埋入を同時に行いました。上部構造はFCZ(ジルコニアセラミッククラウン)となっています。
また左下の親知らずは虫歯のため抜歯、左下7番と5番はセラミックインレー、6番はFCZにて補綴しました。
※FCZ:ジルコニアより少しマイルドな硬さで審美性と機能面に優れているクラウン

レントゲン写真(治療後)

全体の治療終了より1年半経過していますが、右下インプラント周囲に骨吸収の像など無く問題なく経過しています。またその他虫歯治療部位や歯の神経治療部位に関しても病変の所見は無く概ね良好と思われます。

治療
方針
・歯周病治療
・その後必要な部位の抜歯を行いインプラント治療を行う。
・根管治療(根の治療)やう蝕(虫歯)治療を行う。
治療
内容
・歯周基本治療:スケーリング・TBI
・下顎臼歯部:抜歯後、インプラント治療
・その他カリエス:セラミック治療
特記
事項
歯科恐怖症

症例②

左上の奥歯が何もしなくても痛い。悪いところは全部治したい。

年齢 30代女性
主訴 左上の奥歯が何もしなくても痛い。悪いところは全部治したい。
治療
期間
1年半
費用 ・右上567FCZインプラント:440,000円×3
・右上567サイナスリフト+サージカルガイド+IV:220,000円+55,000円+77,000円

※全て税込となります。

レントゲン写真(治療前)

上顎左側第一・第二大臼歯は歯周病と根尖性歯周炎により保存不可能。また上顎左側第二小臼歯は縁下カリエス(根の虫歯)と短根のため部分矯正もできず予後不良と診断、抜歯をする経緯となりました。前歯部にはクラウンでの補綴修復が見られ下顎右側臼歯部には大きなカリエス様透過像が見られました。

症例写真(全体)

治療前

治療後

【担当医師所見】
コーンビームCT像を確認すると左側上顎の骨は無くインプラント埋入の際は上顎骨に骨造成が必要と思われたため上顎洞挙上術(サイナスリフト)を併用、インプラント埋入を行うプランとしました。
また欠損部位の大きさを考えるとサージカルガイドの使用が必要と思われたため今回使用した。さらにオペの強度を考え静脈内鎮静法下にてオペを行った。
処置前では黒い透過像(骨が無い)があるが骨造成後1年経過、インプラントテック(仮歯)を入れた際では上顎洞内及びインプラント周囲に白い不透過像(骨がある)が確認できます。

症例写真(全体)

治療前

治療後

【担当医師所見】
治療前、左上大臼歯部は咬合面(咬む面)も無くカリエス(虫歯)も大きいものでした。
治療後、理想的な位置にインプラントが埋入され正しく咬むことができるようになりました。

治療
方針
・歯周病基本治療を行う
・かみ合わせのズレを修正する
・抜歯後にインプラント治療を行う
治療
内容
・歯周基本治療終了後に左上の抜歯を行う
・抜歯部位の治癒後インプラント埋入のための骨造成を行い骨の完成を待つ
・骨の完成後にインプラント埋入しインプラントと骨の結合した後に上部構造(かぶせ物)を入れる
特記
事項
特になし

症例③

歯茎から何もしなくても出血がある・口が開きずらく、歯茎がジンジンする

年齢 40代男性
主訴 歯茎から何もしなくても出血がある
口が開きずらく、歯茎がジンジンする
治療
期間
3ヶ月
費用 ・左上67・右上7:Goldインレー88,000円×3
・右下67左下67:セラミックインレー55,000円×4
・左上5:ジルコニアボンドクラウン165,000円

※全て税込となります。

レントゲン写真(治療前)

【担当医師所見】
歯周病の状態は骨の状態から全額的に比較的低度であることがわかります。 上顎両側智歯(親知らず)と下顎右側智歯に大きな虫歯があり左下にも埋伏智歯が確認できます。 臼歯部咬合面に若干のカリエス(虫歯)と左上5にカリエスが認められます。

症例写真

治療前

治療後

【担当医師所見】
初診時の口腔内写真では下顎前歯部に歯石の沈着が見られ、上顎の歯茎部からは自然出血が起こっていることがわかります。 歯科治療を現在まで受けたことがないとのことから根本的なセルフトリートメントの改善・指導を軸として歯周基本治療を行いました。 歯周基本治療終了時の写真では出血はほとんど無く、歯肉の腫れは若干残っているものの赤黒い色からピンク色の健康な歯肉に戻ってきているのがわかります。

症例写真

全体の処置が終わり定期検診移行時(2年経過)の状態。 歯肉はコーラルピンクで腫れや出血もなく、プラークコントロール(歯垢の除去割合)も高水準で良好です。

症例写真

治療前

治療後

【担当医師所見】
左上5はデンタルX線写真を撮影すると歯の神経(歯の中央部にある細長い黒い像)に達する透過像①がありカリエス(虫歯)が深いことがわかる。カリエスを全て除去する前に歯の神経が露出し抜髄(神経処置)となりました。 歯の神経処置後、根管充填を行った。根尖部②まで根管充填材が入っているのがわかります。

症例写真

治療前

治療後

【担当医師所見】
処置前は歯周炎により歯肉も腫れており脱灰(表面の虫歯)もあったが、クラウンセット後2年経過し依然として経過良好と思われます。

症例写真

治療前

治療後

【担当医師所見】
左上567・右上7にカリエス(C2〜C3)を認めた。 歯肉からの自然出血が強い状態がわかります。 大臼歯部のカリエスに関しては男性で咬合力が強いことが予想されたため審美性より機能性を重視しGoldインレーを選択されました。 また左上5に関しては審美性と機能面に優れたジルコニアボンドを選択されました。 左上6のカリエス(CO)に関しては処置の際の切削量を考え現在経過観察中です。

症例写真

治療前

治療後

【担当医師所見】
下顎大臼歯にはCR(コンポジットレジン)の不適合部位やカリエス(C2)が散在しています。 大臼歯部はGoldインレーを勧めさせていただいたが、審美性の観点からセラミックインレーを選択されました。 破折や変色もなく経過良好と思われます。

治療
方針
・歯周病基本治療を行う。
・歯周炎消炎後に外科処置を行う。
・カリエス(虫歯)処置を行う。
・歯の神経治療を行い補綴(かぶせ物)処置を行う。
治療
内容
・歯周基本治療と同時に歯磨き指導を徹底して行い、全顎的な消炎処置を行う
・炎症が収まり、口腔内の細菌数が減少(感染リスクの低下)したところで抜歯や歯の神経治療を行う。
・最後にカリエスの処置を行いました。
特記
事項
歯科受診は大人になって初めて

症例④

前歯が黒っぽいのが気になる、
悪いところは全部治したい

年齢 30代男性
主訴 前歯が黒っぽいのが気になる
悪いところは全部治したい
治療
期間
5ヶ月
費用 ・左上45:セラミックインレー
・右上1:ジルコニアボンド

※全て税込となります。

レントゲン写真(治療前)

【担当医師所見】
歯周病の状態は骨の状態から全額的に比較的低度であることがわかります。 上顎両側智歯(親知らず)と下顎右側智歯に大きな虫歯があり左下にも埋伏智歯が確認できます。 臼歯部咬合面に若干のカリエス(虫歯)と左上5にカリエスが認められます。

症例写真(治療前)

【担当医師所見】
治療前:
初診時の口腔内写真より、右上1番の失活(歯の神経が死んでいること)による黒色病変があり審美障害がわかる。

症例写真(治療後)

【担当医師所見】
治療後:
前歯部と左上45FCZ装着時の写真。歯冠形態、色調共に調和が取れている。

セット時の写真

歯肉の状態やかみ合わせの状態は大きな問題はない。歯牙全体に暗黒色が広がっているのがわかる。

リコール時

右上1番遠心部に歯ブラシによる若干の傷があるが、大きな問題はなく経過している。

治療
方針
・歯周病基本治療を行う。
・歯の神経治療を行い補綴(かぶせ物)処置を行う。
治療
内容
・まず歯周基本治療後に、前歯の根管治療を行い補綴処置を行う。処置後に虫歯の処置を行っていく。
特記
事項
特になし

症例⑤

左上前歯がピリピリしみる、左下奥歯が冷たいもの温かいものしみる、
右上奥歯に違和感を感じる、悪いところは全部治したい

治療前

治療後

治療前

治療前の状態です。

治療後

治療後の状態です。

年齢 70代女性
主訴 左上前歯がピリピリしみる
左下奥歯が冷たいもの温かいものしみる
右上奥歯に違和感を感じる
悪いところは全部治したい
治療
期間
1年
費用 ・左上1〜7、右上35、右下4567、左下567
・ジルコニアボンド165,000円×16=3,960,000円
・左下4
・セラミックインレー55,000円×1=55,000円

※全て税込となります。

基本情報

治療
方針
・歯周病基本治療を行う。
・歯の神経治療を行い補綴(かぶせ物)処置を行う。
・虫歯治療
・咬合治療
治療
内容
・担当の内科医と連携を測ったところ糖尿病と高血圧の観点から、観血的処置は抜歯のみとなり上顎右側7番はそのままとなった。
特記
事項
糖尿病、高血圧

治療計画

全顎的にカリエスリスクが高く、根管治療済みの歯にも再感染が見られる。また臼歯部には不良補綴が多く見受けられる。

このため、まずは根管治療が必要な歯と抜歯が必要な歯を見極めるために専門医による診査診断・治療を行い同時進行で歯周基本治療を行って行く。

抜歯した部位に関しては全身疾患の兼ね合いからインプラントでは無くブリッジを選択。かみ合わせの状態から側方運動時(歯ぎしり)に臼歯部(奥歯)に負担がかかっていることがわかったため犬歯(糸切り歯)によるかみ合わせを目指すこととなった。

前歯や下の歯の審美障害もあるため全顎的にオールセラミックプレミアムを使用することとなった。

治療前レントゲン

【担当医師所見】
下顎右側6番と上顎左側4番は歯根破折があり専門医の診断により抜歯となった。下顎右側7番は専門医による根管治療、比較的簡単な上顎両側3番は当院での根管治療となった。また、その他臼歯部に関してもブリッジ除去とカリエスの処置を順次行って行った。

治療前のパノラマ

【担当医師所見】
治療前のパノラマの写真です。

上顎の写真

治療前

仮歯に置き換えた

【担当医師所見】
上顎の写真です。

下顎の写真

治療前

仮歯に置き換えた

【担当医師所見】
下顎の処置前後の写真です。

仮歯セット後(正面)

【担当医師所見】
咬合・審美面共に問題なく仮歯に置き換えられた。

治療後

【担当医師所見】
半年経過後、精密印象を行い補綴物完成後セット時の写真。

セット後上下顎

セット後上顎

セット後下顎

【担当医師所見】
セット後上下顎の写真です。

審美面

硬いお煎餅が好きとのことで、奥歯はジルコニアを表面に出し割れないように対策した。 前歯に関しても問題なく経過している。

症例⑥

前歯が疼くような感じがする

治療前

治療後

治療前

治療前の状態です。

治療後

治療後の状態です。

年齢 30代女性
主訴 前歯が疼くような感じがする
治療
期間
3ヶ月
費用 上顎全歯部2〜2:ジルコニアボンド4本×165,000円=660,000円

※全て税込となります。

基本情報

治療
方針
歯周病基本治療を行う。
歯周炎消炎後に前歯部のかぶせ物の治療を行う。
治療
内容
不揃いな前歯のかぶせ物を取り、まず仮歯に置き換える。その後、必要に応じ歯の神経治療を行なった後、見た目・発音を細かく微調整を行う。調整後、仮歯から本歯に置き換えていく。
特記
事項
特になし

治療前レントゲン

【担当医師所見】
歯周病の状態は骨の状態から全額的に比較的低度であることがわかる。前歯部には歯の神経治療の後が見られる。臼歯部の透過像は他院にて治療中とのこと。

初診時

【担当医師所見】
初診時の口腔内写真では上顎前歯部の若干の叢生とシェード(色調)の違いが見て取れる。かみ合わせについても下の前歯の突き上げが起きている。

拡大図

【担当医師所見】
拡大して前歯部を見ると歯軸(歯の向き頬舌・近遠心的)や水平的な切縁(前歯の先端)がズレている。また赤く囲まれている部位には、かぶせ物の不適合で炎症が起きており歯周炎の進行を惹起している。

最終補綴セット時

全体的にシェード(色調)も調和がとれており、前歯の歯肉の炎症もなくなっている。

口唇・スマイルライン

お口の中だけでなく、外からの見た目も大きな問題ないと思われる。

口唇・スマイルライン

全体的にシェード(色調)も調和がとれており、前歯の歯肉の炎症もなくなっている。

リコール時

半年経過も、色調・形態共に変化はなく問題無く経過している。

症例⑦

主訴:奥歯が痛くて噛めない

パノラマレントゲン写真

説明

上顎左側臼歯部に残根があり周囲に透過像が見られる。また下顎右側臼歯部に根尖部から根分岐部に及ぶ透過像がある。
また左右上下顎智歯には歯髄に達する透過像や歯冠周囲を覆う透過像が見られ歯周疾患が進行していることが取れる。

治療前:上の歯

担当医師所見

臼歯部に残根状態の歯牙があり、またカリエス(虫歯)の散在が認められる。
残根部分の両隣在歯は欠損部に対して傾斜し始めている。

治療前:下の歯

担当医師所見

下顎右側臼歯部には一見大きな問題はないように見えるが、
頰側にフィステルと言われる排膿路があり発赤と主張があり炎症状態が続いていた。

治療前:前の歯

担当医師所見

前歯部には離開部位があり、歯頚部にはカリエスが認められる。

治療後:上の歯

担当医師所見

左上第1大臼歯は抜歯し、仮歯に置き換えた後治癒を待ちジルコニアBrで補綴。 また右上第1大臼歯は根管治療終了後にジルコニアクラウンで補綴。前歯部は審美性を考慮しジルコニアボンドにて補綴した。 色調、形態共に調和がとれている。

治療後:下の歯

担当医師所見

下顎右側第1大臼歯は抜歯後、仮歯に置き換え治癒を待った後ジルコニアステイニングBrにて補綴。 全顎的に色調・形態共に調和がとれている。

治療後:前の歯

担当医師所見

前歯部はホワイトニング後に、仮歯に置き換え症状のないことを確認してからジルコニアボンドCrにて補綴。 審美性・機能面ともに調和がとれている。

治療前後の写真

治療前 治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
年齢

性別
30代・男性
主訴 奥歯が痛くて噛めない
治療
期間
半年間
治療費 ・左上567ジルコニアブリッジ:
110,000円×3=330,000円
・右下567ジルコニアブリッジ:
110,000円×3=330,000円
・右上6ジルコニアクラウン:
55,000円×1=55,000円
・左下6、右上45セラミックインレー:
55,000円×3=165,000円
・上顎前歯部:
165,000円×4=660,000円
治療
方針
・保存不可能な歯の抜歯
・歯周病治療
・根管治療(歯の根っこの治療)
・虫歯治療
・審美治療
治療
内容
・抜歯:右下第1大臼歯はCT撮影後歯根破折を認めた。また左上第一大臼歯は残根(根っこだけ残っている)状態だっため両方共抜歯の適応となり処置を行った。また上下左右親知らずも大きな虫歯になっており、歯周病を惹起しており抜歯となった。
・歯周病治療:全体的に歯肉の炎症が強く、歯磨き指導と刺繍基本治療を行い消炎処置をまず行った。その後、歯周ポケット(歯と歯茎の溝)の深部にある歯石の除去を行った。
・根管治療:右上第1大臼歯は虫歯が大きく神経に達していたため、根管治療を行い被せ物を行う。
・虫歯治療:その他虫歯のある部位はセラミックにて治療。
・審美治療:矯正治療を行う時間がないため、被せ物にて治療を行う。Waxupにてシュミレーションを行い、治療の際はあまり歯を削らないように行う。
治療のリスク

副作用
歯ぎしり・食いしばりが強い方は、セラミックが割れてしまうことがあります。半年に一度の定期検診でかみ合わせや歯周病や虫歯のチェックが必要です。
術後写真
説明 術後、3ヶ月の口腔内写真。痛みなく、機能面・審美面共に問題なく経過している。
術後写真
説明
術後、3ヶ月の口腔内写真。痛みなく、機能面・審美面共に問題なく経過している。
今すぐ予約したい方
03-3505-4618電話受付10〜21時(土日は18:30まで)
3日以降のご予約
WEBから予約24時間受け付けております。
お悩み・ご相談
お問い合わせお気軽にお問い合わせください。

麻布十番歯科・矯正歯科は
痛みに配慮した、
おもてなしの歯医者です。

診療時間
10:00〜13:30
15:00〜21:00 - -
14:30〜18:30 - - - - -

※平日最終受付は20:00まで
※土日の最終受付は17:30まで
[休診日]祝日

AED
TEL:03-3505-4618
地図

〒106-0044 東京都港区東麻布3-8-8 明商ビル1F
大江戸線 麻布十番駅 6番出口より徒歩10秒
南北線 麻布十番駅 6番出口より徒歩10秒
Google マップを開く >