親知らずの抜歯

親知らずが腫れて痛い、
でも怖くて抜けないの方へ

当院ではまず第一に痛みを取る処置を提供します。
場合によっては『当日抜歯』も可能です。まずはお電話ください。

消炎処置、痛み止め処方、『初診時に即日抜歯』など患者様に寄り添った治療を提案します。

当院のコンセプト

1. 痛みに配慮した診療

親知らずの抜歯と聞くと誰しもが痛い・怖いと考えてしまいますよね!
私たち麻布十番歯科・矯正歯科はそんな痛みに配慮した診療を徹底しております。

痛みに配慮した診療
  1. 表面麻酔:麻酔をする際に一番はじめのチクっとした痛みがあり苦手な方は多くいらっしゃると思います。私たちはまず表面麻酔を患部に塗布しファーストタッチの痛みを和らげるように務めております。
  2. 浸潤麻酔:麻酔をする際に痛みを和らげる2つ目のポイントは実際に麻酔を入れて行く時の針の太さ・スピード・温度です。私たちは世界最小の注射針を用いて刺した瞬間と注入時の痛みを和らげます。そして電動麻酔器を使うことで一定のゆっくりとしたスピードで注入することでより痛みを和らげます。さらに麻酔薬の温度に注意してできるだけ体温と同じ温度にすることでよりマイルドな麻酔を心がけています。

それでも抜歯が怖い方は当院では静脈内鎮静法をお勧めしています。
麻酔科の専門医より日帰り麻酔をすることで全く痛みを感じずに抜歯を行うことが可能です。

静脈内鎮静法

2. 最新鋭CTにより、
正確な治療で痛みを軽減

当院では最新鋭のCT(3次元レントゲン撮影法)を用いることでより細かく正確な画像診断をしております。

親知らずは様々な形・方向で生えているため抜歯には様々な術式を用いる必要があります。
したがって精密なレントゲン画像があることで最小限の切開デザイン・抜歯術式を用いることができ術後の痛みを抑えることができます。

最新鋭CTを用いることで撮影の際、被曝量も最小限に抑えることができます。被曝量が心配な方も安心して撮影できます。

痛みに配慮した診療

3. 幅広い治療法で抜歯の必要性と診断

当院では親知らず抜歯の訓練を受けたエキスパートが抜歯を担当しております。
他の病院で神経に触れていて抜けないと言われた方や、大学病院を紹介された方、不安で抜けない方も安心してご来院してください。

通常麻痺が起きるような親知らずの抜歯ケースも、2回に分けることでできる限り麻痺のリスクを減らす抜歯が可能となっております。
また抜歯を勧められたが抜く必要性に疑問をお持ちの方も是非いらしてください。
正確な審査診断で抜歯の要・不要を診断致します。

痛みに配慮した診療

親知らずとは

一番最後に生えてくる歯

親知らずとは、第三大臼歯や智歯とよばれる一番最後に生えてくる歯です。

原始の時代には正常に生えていた歯ですが、進化に伴って現代人の顎は小さくなり正常に生えることは少なく埋まったままや斜めに生えてくることが多いです。

親知らず自体は20歳前後にかけて生えてくることが多いので、多くの場合が痛みや口臭などで初めて気づく場合が多いです。

親知らず

親知らずを抜く必要性

虫歯になりやすい親知らず

親知らずが抜歯となるケースは近接する永久歯に何らかの悪い影響を及ぼす際に抜く必要があります。

磨きにくく虫歯になるリスクが高い親知らずや今までに腫れてお痛みが出た方など、抜歯の対象となります。

親知らず自体が虫歯になっているケースも抜歯の対象になります。

親知らず

抜かなくて良い親知らず

まっすぐ生えている親知らず

抜歯をしない親知らずは虫歯になっていなかったりまっすぐ生えていて機能している場合抜歯はしません。 また歯の移植等をする予定・可能性がある方は抜歯の対象になりません。

親知らず

親知らずは痛い?

麻酔で痛みを軽減します

親知らずを抜く際にほとんどの患者様が抜く時に痛いと勘違いされていらっしゃいます。実際親知らずを抜く際には麻酔をしっかりと効かせるので痛みを感じることはまずあり得ません。もし感じた際は麻酔を追加し痛みを軽減します。

また抜歯後も基本的には痛み止めを服用すれば凌げる程度となっておりますのでご安心ください。

また親知らずを抜く際にリラックス麻酔を用いて抜くことで痛みや恐怖を感じずに親知らず抜歯ができます。

親知らず
痛みに配慮した治療

親知らずを抜く年齢

親知らずを抜く年齢は40代以下で抜くことをお勧めします。これは親知らずの周りの骨が成熟しきってしまうと抜歯の難易度・侵襲が大きくなるからです。

親知らずは20歳前後に生えてくることが多いため、定期的な検査を受け適切な抜歯のタイミングを診断してもらう事が大切になります。

親しらずを抜くリスク

抜歯などの外科処置は基本的に出血や疼痛など様々なリスクが想定されますが、親知らずは特殊なリスクがあります。

下の親知らず:下の顎の親知らずはその構造上、骨の中を通る太い血管や神経に近い傾向があります。そのため抜歯の際に神経が損傷するリスクがあり、麻痺が起きる可能性があります。しかし殆どの場合は神経がゆっくりと回復してきます。

上の親知らず:上の親知らずは生え方により上顎洞(副鼻腔)に近接することが多く、抜歯後に感染をすると上顎洞炎(副鼻腔炎)になることがあります。この場合抗生物質を投与し感知する場合が殆どですので症状があれば、ご連絡ください。

親知らずが痛む例

まっすぐ生えている親知らず

まっすぐ生えている親知らずは一見何の問題も無いように見えることが多いですが歯ブラシが届きにくく汚れがたまりやすいため実は虫歯や歯周病になっていることが多いです。

このケースでは赤い枠の中の親知らずが大きな虫歯と根の病気・さらには歯周病にもかかっており痛みがありました。

レントゲン写真
真っ直ぐ生えた親知らず
口腔内写真
真っ直ぐ生えた親知らず

斜めに生えている親知らず

斜めに生えている親知らずは難易度が急激に上がります。近年の日本人の顎の小ささによりまっすぐ生えることができなくなってしまい斜めに生えて来ることが多いです。虫歯や歯周病を引き起こしやすい親知らずの1つです。

こちらのケースでは親知らずが手前の永久歯に大きな虫歯を作ってしまい、永久歯を抜歯するケースとなってしまいました。

レントゲン写真
斜めに生えている親知らず
口腔内写真
斜めに生えている親知らず

歯茎に埋まっている親知らず

歯茎の中に埋まっている親知らずは手前の歯との間が磨けないことで汚れが溜まりやすく、気づかないうちに大きな虫歯を作っていたり歯周病が進んでいることが多いです。親知らずが痛くて来院されるケースは多くはこのケースです。

こちらのケースでは親知らずが埋まっていることで歯茎が腫れてしまい上の親知らずと噛んでお痛みが出ておりました。

レントゲン写真
歯茎に埋まっている親知らず
口腔内写真
歯茎に埋まっている親知らず

骨の中に埋まっているケース

親知らずの中には骨の中に埋まっているケースもあります。このケースは最も難しいケースで大学病院を紹介されるケースが多いです。また、骨の中に埋まっていると害が及びにくいイメージもしがちですが大きな歯周病の病気を引き起こしているケースがあり、注意が必要です。

こちらのケースでは見た目は全く問題ないですが実は歯周病が進行しており強い痛みが出ておりました。

レントゲン写真
骨の中に埋まっているケース
口腔内写真
骨の中に埋まっているケース

親知らずの腫れる期間は?

約4日〜1週間程度

親知らずが腫れるのは大体4日〜1週間程度です。抜歯後1〜4日間は特に腫れるため、会議や発表・イベント・撮影等の予定は入れない様にお願い致します。

抜歯後、親知らずを腫らせ無いようにするのは安静にしていることが第一です。しっかりとスケジュールを組んで抜歯をする事をお勧めします。

期間

抜歯後の経過

抜歯後24〜48時間が腫れと痛みのピークとなります。

3日以降にひどい痛みや強い違和感を感じた場合は当院へご連絡ください。消毒や痛み止めの追加等の処置をいたします。

その他ご不安なことがある場合はいつでもお気軽にご連絡ください。

親知らず抜歯の流れ

ご来院〜検査

電話・インターネット等でご予約をお取りください。 ※当日抜歯希望の方は必ず申し出てください。他の患者様のアポイントの関係により対応できかねる場合もありますのでまずはご連絡ください。

各種レントゲン検査・口腔内診査・歯周病検査・写真撮影など資料採得を行い抜歯に必要な材料が揃い次第正確な診査診断を行い詳しく説明いたします。

何かご不明な点があればいつでもご質問してください。解決できるまでご説明いたします。

検査

抜歯のスケジュール決定

患者様のご都合に合わせて抜歯のスケジューリングを行います。

腫れてもいい日・安静にできる日をご準備ください。

抜歯前日はできるだけ体調を整えてご来院してください。ご自身の治癒力は抜歯後の予後に大きく関与いたします。

※キャンセルポリシー キャンセルの場合は前日までの連絡をお願いいたしております。

スケジュール決定

抜歯

当日は体調の確認などを行い、抜歯の同意書をお書きいただき抜歯に臨みます。

抜歯後の注意事項なども詳しくお伝えいたします。

抜歯

抜歯後は抗生物質と痛み止めの投与を行います。お薬の服用は用法・用量を正しくお守りください。

ご不安・ご不明点があれば当院へご連絡ください。

当院の営業時間外に問題が起きた際は近隣の口腔外科を受診していただくことがございます。ご了承ください。

消毒と抜糸

基本的に、抜歯の翌日に経過観察と消毒の処置を行います。 感染予防のためにマウスリンスをお出ししますので必ずご来院ください。

1週間から10日くらいで抜糸となります。

消毒から抜糸の間に痛みが引かずどんどん強くなっていく場合はうがいのしすぎでドライソケットになる場合がございます。処置を致しますのでご連絡ください。

消毒と抜糸

親知らず抜歯の費用

検査料

初診料: 約700円
レントゲン検査: 約1,200円
歯周病検査: 約1,500円

検査料金合計

検査料金合計: 約3,400円

抜歯費用

まっすぐ: 約1500円
その他: 約3,200円

その他処置料

CT検査: 約3,400円
処方料: 約700円

親知らずの抜歯症例

※2021年4月現在の価格です。詳しくはお問い合わせください。

左下の歯茎が腫れている親知らずの症例

抜歯前写真(レントゲン、CT等)

左下の親知らず周囲歯肉が腫れていました。
また、手前の歯との間で虫歯もできていました。

抜去歯の写真

3分割して抜歯しました。

年齢 20代・女性
主訴 左下の歯茎が腫れている
適応するプラン スタンダード親知らず抜歯プラン
親知らずの生え方 歯茎から少し頭が出ている
抜歯時間 15分
費用 約7,000円
抜歯内容 下顎の親知らずの抜歯希望の患者様です。
智歯周囲炎となっており、初診時では麻酔が効きづらい旨をお話しし、初診時は抗生物質をお出ししました。1週間後、ある程度歯肉の炎症がとれたことを確認して抜歯を行いました。

麻酔を行い、遠心(親知らずの奥側)歯肉と、手前の歯の頬側の歯肉を切開しました。
歯茎を開いて、手前の歯と引っかかっている部分をカットしました。
その後、骨からでている歯冠部(頭の部分)をカットしました。

その後へーベルで歯根(骨に埋まっている部分)を脱臼し、抜歯を終えました。
切開した歯茎を3針縫って、治療終了となりました。
歯茎を切ったため、3日ほど腫れぼったい感じがあったようですが、痛みはほとんどなく、治癒に向かいました。

CT

Before
歯茎に埋まっている親知らず
After
歯茎に埋まっている親知らず

CTで親知らずと神経(下歯槽管)の位置を確認しました。
親知らずと神経は一定の距離があり、麻痺などのリスクがほとんどないと判断できます。

口腔内

Before
歯茎に埋まっている親知らず
After
歯茎に埋まっている親知らず

半埋伏の親知らずでした。3糸縫合しました。

左下親知らずがたまに痛み、
できれば痛くなく抜きたい症例

抜歯前写真(レントゲン)
抜歯前写真(CT画像)
年齢 20代・女性
主訴 左下親知らずがたまに痛み、できれば痛くなく抜きたい
親知らずの生え方 完全に埋まっている、横向きに生えている
抜歯時間 50分
費用 約8,000円(保険診療、CT代含む)
抜歯内容 左下親知らずが横向きになって半分埋まっている状態だったため、麻酔を行い、親知らずの奥の歯ぐきに切開をいれ、歯が囲んでいる骨を削り、歯の頭の部分を削って出し、その後根の部分に器具をかけて抜歯しました。

親知らずが一部神経に近い部分があったため、術後に麻痺が出る可能性がありました。このケースでは事前にCTを撮影し、歯の位置、根の方向、神経との距離を確認していたため、幸い麻痺が出ることはありませんでした。

術後1週間経過して糸取りをして治療は終了となりました。抜歯後3日間は腫れと痛みで大変だったが、糸取りをする頃には痛みも腫れも無くなったと患者さまも喜んでおられました。

右下の親知らずが疼く症例

抜歯前写真(レントゲン)
抜去歯の写真(CT画像)
年齢 30代・女性
主訴 右下親知らずが疼く
親知らずの生え方 横向きに生えている
抜歯時間 40分
費用 約8,000円(保険診療、CT代含む)
抜歯内容 右下の親知らずは横向きに生えて埋まっているため、麻酔をし親知らずの奥に切開を入れて歯ぐきを開き、歯を囲んでいる骨を削り歯の頭部分を割って出してから、残った根の部分を取り出して抜歯は終了しました。

歯ぐきを切った部分は糸で縫っています。このケースでは根の先端が神経に近く麻痺のリスクがありましたが事前にCTを撮影し、神経との位置関係を確認していたため、麻痺が残ることはありませんでした。

約1週間後に糸取りを行い、その際も多少の痛みや腫れはありましたが後日その痛みも無くなりました。

右下奥歯が痛い症例

抜歯前写真(レントゲン)
抜去歯の写真(CT画像)
年齢 40代・男性
主訴 右下奥歯が痛い
親知らずの生え方 斜めに生えている
抜歯時間 30分
費用 約6,000円(保険診療、CT代含む)
抜歯内容 レントゲン上で右下の親知らずが大きく虫歯になっており、斜めに生えていることもあり患者様の希望により抜歯することとなりました。
当日は痛みがあったため抗生剤と鎮痛剤にて炎症を抑え、後日歯ぐきを切開し、抜歯を行いました。

レントゲン上でも分かるように親知らずの根が二つに分かれており根が折れてしまう可能性がありましたが、このケースでは事前にCTを撮影し、歯の位置、根の方向を確認していたため根が折れることなく抜歯ができました。

術後数日は腫れと痛みがありましたが、薬の服用で抑えることができ、1週間後の糸取りの際には痛み、腫れともになくなっていました。
今すぐ予約したい方
03-3505-4618電話受付10〜21時(土日は18:30まで)
3日以降のご予約
WEBから予約24時間受け付けております。
お悩み・ご相談
お問い合わせお気軽にお問い合わせください。

麻布十番歯科・矯正歯科は
痛みに配慮した、
おもてなしの歯医者です。

診療時間
10:00〜13:30
15:00〜21:00 - -
14:30〜18:30 - - - - -

※平日最終受付は20:00まで
※土日の最終受付は17:30まで
[休診日]祝日

AED
TEL:03-3505-4618
地図

〒106-0044 東京都港区東麻布3-8-8 明商ビル1F
大江戸線 麻布十番駅 6番出口より徒歩10秒
南北線 麻布十番駅 6番出口より徒歩10秒
Google マップを開く >