コラムColumn

毎日の歯磨きケアに“ フロス ”を
取り入れてみませんか?

フロスを使うことでプラークの
除去率が上がります!

フロスは、歯ブラシでは届かない歯間を細かい繊維の束で汚れを落とします。

歯と歯の間がきつくても挿入可能なのでみなさんお使いいただけます。

普段の歯ブラシだけでのプラークの除去率は60%と言われていますが、歯ブラシとフロスを併用した時のプラーク除去率は80%で、約20%も上がります!

フロスの種類

ロールタイプ

慣れれば簡単で経済的!

ホルダータイプ

フロス初心者の方にオススメ!
ホルダータイプには「F字型」と「Y字型」があります。
F字型は前歯、Y字型は奥歯に!

フロスをすることで・・・

  1. 虫歯・歯周病を防ぐことができる
  2. フロスをすることで歯ブラシでは取れない歯の隣接面の汚れを落とすことができるので虫歯・歯周病の予防につながります。

  3. 口臭の軽減・予防
  4. 歯の隣接面に溜まる汚れはにおいの原因となります。
    汚れを取ることで口臭の軽減・予防につながります。

  5. トラブルの早期発見ができる
  6. フロスをして引っかかる場所には虫歯がある可能性があります。

フロスの使い方

フロスは歯ブラシの前に使っていただくと効果的です。

歯肉にぴったりとくっつけて、歯面をかきあげるようにこすります。歯とフロスの間に隙間が空いているとプラークが残ってしまいます。

※無理にフロスを通したり、力を入れて動かすと歯肉を傷つけてしまいます。

フロスの使用頻度

フロスは毎日使っていただくことができます。1日3回使って頂く事が理想的ではありますが、1日に使う回数よりも毎日継続して使用する事が大事です。

1日1回のご使用の場合は、就寝前の歯磨きの前にフロスをすることで効果が出やすくなります。

フロスをしたら出血した!!!

歯ブラシでは落としきれなかった汚れによって歯茎が炎症を起こし、歯茎が腫れて血が溜まっていると、フロスの刺激で出血することがあります。

この出血は、溜まっていた悪い血を排出しているので問題ありません。出血をなくすためには毎日しっかりフロスを行うことが必要です!フロスを続けることで溜まっていた悪い血を排出し、炎症が治まることで、次第に出血しなくなっていきます。

2.3週間しても出血が治まらない時は、フロスを使うのをやめて、一度診察を受けることをお勧めします。

今すぐ予約したい方
03-3505-4618電話受付9〜19時半(土日は17:30まで)
3日以降のご予約
WEBから予約24時間受け付けております。

麻布十番歯科・矯正歯科は
痛みに配慮した、
おもてなしの歯医者です。

診療時間
9:00〜13:00
14:00〜19:30 - -
14:00〜17:30 - - - - -

※平日最終受付は19:00まで
※土日の最終受付は17:00まで
[休診日]祝日

AED
TEL:03-3505-4618
地図

〒106-0044 東京都港区東麻布3-8-8 明商ビル1F
大江戸線 麻布十番駅 6番出口より徒歩10秒
南北線 麻布十番駅 6番出口より徒歩10秒
Google マップを開く >