症状から治療を探す 歯(歯茎)が痛い

歯ぐきの痛みは、時にとても辛いものです。歯ぐきの痛みは、疲れている時や寝不足の時など、免疫力が低下している時に現れやすくなります。前兆無く、突然腫れてしまう事もあり、びっくりする事もあるかも知れません。歯ぐきのトラブルについて、原因別に、それぞれの症状と治療方法について解説いたします。


虫歯

虫歯

虫歯がエナメル質内にとどまっている間はしみたりしないのですが、象牙質まで達してしまうと冷たいもの、甘い物にしみやすくなります。痛みは比較的すぐおさまります。この状態をC2といいます。

さらに虫歯が進行すると、神経まで虫歯が達してしまいます。そうなると温かいものがしみるようになり、痛みもしばらく続くようになります。何もしなくても痛みがでることもあります。この状態をC3といいます。

主な治療法

C2の場合は、詰め物を入れて治療します。

C3の場合は、神経を取る治療になります。神経をとり、痛みや症状がなくなった後、コアと呼ばれる土台をたて、その上に被せ物をしていきます。

歯茎から血が出る

歯周病

歯ぐきの痛みで最も多いのが歯周病です。炎症が歯ぐきだけの「歯肉炎」、歯を支える歯槽骨などの組織まで破壊される「歯周炎」、どちらの場合でも起こります。

主な原因

歯ぐきからの出血の有無は、歯ぐきの炎症有無とリンクします。炎症があるから出血する。それでは何故炎症が起こるのでしょうか?…それは細菌のせいです。口の中にはたくさんの細菌が住んでおり、それが糖分などをもとにプラーク(歯垢)を作ります。
このプラークが歯と歯ぐきの隙間(歯肉溝)に溜まり、それを歯磨きなどで落とせないと、やがて石灰化して歯石を作り、そこにまた菌が繁殖するという負のサイクルが起きます。そうなると、やがて炎症が深部まで達し、歯磨きすると歯ぐきから出血してきたり、口臭が出てきたり、ひどくなると歯が揺れてきたりします。

主な治療法

歯周病の治療は進行度に関わらず、患者さん自身の歯磨きによる口腔ケアが最も大切です。
とはいえ、それだけではコントロールが難しいので、歯科医院での歯石取りや、ブラッシング指導など行い改善を目指していきます。


噛むと痛い、歯茎が腫れている、
押すと痛みがある

歯の根の先に膿がたまっている

虫歯をずっと放っておくと、神経が死に、歯の先端に膿のかたまりができます。この膿はもともと歯の周りにある骨を溶かしてできるため歯がぐらぐらゆれてきたり、浮いたような感覚を覚えます。この膿はやがて骨の中にとどまらず、歯ぐきが腫れ、穴が開きそこから口の中へ、あるいは顔の表面へ膿がでてくるようになります。

しかし、よほど大きく進行してなければ治療をする事で、この膿のかたまりがなくなり、もとの状態にもどせる可能性もありますので早めの治療をお勧めしております。

主な治療法

根の治療、根の専門医への紹介


食べ物がよく挟まる、詰まる

歯と歯の間に物が挟まっている

歯と歯の間にものが挟まった状態が続くということは、その部分が磨けていないということです。つまり、歯周病になりかかっているのです。歯ぐきが腫れたり出血しやすい状態が続きやすくなります。また挟まる事が続くと、垂直性骨吸収といって、その部分の骨が吸収されてしまい、歯が揺れてきたりすることもあります。挟まってしまう理由としては、被せ物、詰め物の間がゆるくなっている事が考えれます。

主な治療法

インレー、クラウンのやり直し


口内炎ができている

口内炎

口内炎も原因が様々で、アフタ性口内炎、ヘルペス性口内炎、手足口病、ヘルパンギーナ、カンジダなどが原因でおこります。いずれも細菌やウイルスの感染によっておこります。アフタ性口内炎は頬の内側や歯ぐき、舌にできやすく、唇や口蓋、のどの周辺にできることもあります。ただの炎症ならいですが、会話や食事、歯磨きの時にいたみますよね。ですので、まずは傷口を治してあげる事が一番いいと思われます。

主な治療法

消毒、ステロイド薬塗布

歯ぐきに傷ができている

異物が口の中に入り、それが歯ぐきを傷つけた場合、それは口内炎と同じような症状になります。会話時に痛む、食事がしみる、歯磨き時に痛いなどです。

主な治療法

消毒、ステロイド剤塗布


PAGE TOP