歯周病

診療案内 歯周病

歯周病という言葉は、皆さん一度は聞いたことがある言葉だと思います。

一昔前までは、歯周病といえば年齢を重ねた人がなる病気という認識がありました。しかし、今は子供でも歯周病にかかる子がいます。

歯周病とは

歯周病とは、主に歯肉が歯に接する付近に存在する、歯垢中の細菌が原因で進行する病気のことです。

歯周病とは、主に歯肉が歯に接する付近に存在する、歯垢中の細菌が原因で進行する病気のことです。

歯肉と歯の間にできたポケットが深くなり、細菌の増殖する空間が増え、歯肉を腫らし骨を溶かし、最悪の場合は歯が抜けてしまいます。

なるべく多くの歯を保ちながら暮らしたいと願う人にとって、歯周病は大きな敵といえるでしょう。

歯周病の治療方法

歯周病はその進行の程度により、いくつかの治療が適応されます。それぞれの治療ごとに見ていきましょう。

歯周基本治療

歯周基本治療

この治療方法はどんな歯周病のステージになっても必ず、この治療方法からはじめます。

まずは原因である歯垢の除去および歯石の除去、歯の根の面の滑択化、ぐらぐらする歯の咬み合わせの調整などを行います。歯垢の除去をプラークコントロールと呼びます。歯科衛生士によるクリーニングや自宅でのセルフチェックで行います。

歯の表面や根の表面の歯垢歯石を器械で取除きます。

歯の表面や根の表面の歯垢歯石を器械で取除きます。歯石、毒素や微生物で汚染された表層を除去することも行われます。

また、歯周病が進行すると歯がぐらついてきます。動いてしまうのです。そんな歯で噛むと負担が増してしまいます。悪化する可能性もあるために、負担を軽くするために歯を削るなどの処置で、かみ合わせを調整します。歯科用の接着剤を使うこともあります。

この基本治療により歯周病が改善される人もいます。もしも改善された状態を維持しているのであれば、メインテナンスで治療を進めていきます。

外科治療

残念ながら基本治療での症状改善が見られない場合には。外科的な処置が取られます。主に歯周病がかなり進んだ状態のときにとられる治療法です。歯と歯茎の間にあるポケットの深さを減少させる手術を行うこともあります。

別の方法としては、特殊な材料で部分的に失われた骨を再生させる手術もあります。再生療法と呼ばれることもあります。どちらの手術が行われるかということは、歯周病の状態や医師の判断で行われます。

この手術によってポケットの深さが改善されれば、メインテナンスに移行します。どちらの手術もポイントはポケットの深さを浅くすることといえるでしょう。

ブラッシングの指導

ブラッシングの指導

ブラッシングの仕方で歯周病はかなり防ぐことができます。しかし、実際には磨けていない事が多く、自分できれいに磨いているつもりでもプラークがお口の中に残ってしまい、そこから歯周病を発症することがほとんどです。

歯ブラシの毛先があたっていなければ、プラークはとれないのです。このような人に対しては、磨きたい箇所にブラシの毛先をあてられるようにし、プラークを取り除くブラッシングを指導を行います。

歯周病は自分が気をつけることでかなり改善できます。

歯周病は自分が気をつけることでかなり改善できます。また、毎日の積み重ねが歯周病を防ぐことにつながります。最悪な場合にならないためにも、歯周病の治療と予防であるブラッシングをきちんとしましょう。まずは、正しいブラッシングの仕方を知って、それを実践することが大事です。

今現在歯周病だと思う人は早めの治療をお勧めします。はやく治療することで、進行を抑えられるのと同時に治療も早く済ませることができます。歯周病と思ったらすぐに対処しましょう。


PAGE TOP