クリーニング

診療案内 クリーニング

クリーニングの種類について

当院では歯のクリーニングが2種類あります。

  • 1. 保険診療内で行うクリーニング

    こちらはお口の中全体の検査を行い、それからクリーニングを行なっていきます。検査はレントゲン検査、虫歯の有無のチェック、歯ぐきの健康度を見ていく検査を行います。歯石とりまで全て含めて約4,000円くらいです。ただし、保険内の場合、着色取りができませんので、御希望の場合別途5,000円かかります。

  • 2. 保険診療外で行うクリーニング

    検査を行いません。
    歯石のみをとる(¥5,000)か、着色のみをとる(¥5,000)か、両方とる(¥8,640)かを選んでいただきます。

1、2に共通する事として、歯石とりは超音波の器具を使って歯にこびりついた歯石を取り除いていきます。
着色取りは患者様の口腔内の状況に応じて、それぞれの患者様に合った最適なペーストを使用して着色を除去していきます。
仕上げにはトリートメントのペーストを使用してツルツルピカピカに仕上げていきます。
トリートメントペーストを使用することで、着色が再度つきにくい状態を維持できるようにしていきます。
ただ、生活習慣によって再度着色が早い段階でついてきてしまうこともあります。
定期的にクリーニングを行うことで、着色がつきにくくなります。
また、患者様に合った歯ブラシ歯磨き粉を使用することをオススメします。
もちろん、歯ブラシ歯磨き粉のご相談はいつでも承っておりますのでお声掛けください。


なぜ歯のクリーニングをするのか

プラーク(歯垢)

歯の表面をこするとすぐ取れる白くて柔らかい粘着物質をプラーク(歯垢)といいます。
このプラーク、食べかすではなく、細菌のかたまりで、虫歯菌や歯周病菌のすみかとなります。

ちなみにこのプラークを放置していると唾液のカルシュウムと結合して、歯石になります。これを石灰化と呼びます。この石灰化は、プラークが歯に付着してから、4・5時間で始まります。およそ48時間で歯石となり、歯ブラシでは落とすことができなくなります。そしてこの歯石がさらなるプラークの付着の足場になっていくのです。

プラークがプラークでいる間は一般の方でも取り除けます。これをプラークコントロールといいます。プラークコントロールは残念なことに我々歯のプロでも100%綺麗にすることはできないと言われています。

ですから歯科医院でのプロフェッショナルケアが推奨されているのです。

クリーニングの症例

症例①

治療前 治療後
治療前
治療後
年齢 20代女性
主訴 歯の黒ずみが気になる。
治療
方針
歯茎ピーリング
治療
対象
上下歯肉
治療
期間
2回
費用 ・カウンセリング 0円
・初診・検査 約3,200円
・歯茎ピーリング 約10,000円
 合計:約13,200円(税別)

保険診療でお口の中全体を審査診断させて頂き、歯肉の状態を確認したのち、歯肉ピーリングを行いました。まだ若干赤みが残っていますが、1週間で綺麗に黒ずみを除去することができ、お顔周りのトーンが1トーン上がり歯も白くみえますし患者様も喜んでくださいました。


PAGE TOP