診療案内 根管治療(根の治療)


根管治療(歯内治療)とは?

根管治療(歯内治療)とは?

一般的に神経に炎症が生じるとそのまま死んでいきます。激しい痛みがあったり、神経自体が見えてしまうような大きな虫歯がある場合は神経をとる必要があります。痛んでいた歯の神経が死んでいくと、一時的に痛みが消失する事もあり、感じる症状と歯の状態が一致しないこともあります。

当院の根管治療について詳しく

まず、虫歯になった部分を削り、歯の神経(歯髄)のあるところまで穴をあけます。
そして、菌が侵入してしまった歯髄を除去して、神経の通っている穴(歯髄腔)と、それにつながる根の中の根管のまわりを少し削りとりながら、全体を清掃します。
歯髄腔の形や根管の数や形は、歯それぞれで皆違います。しかもこの作業は狭く暗い口の中で、直接みることの難しい歯の中での細かい作業です。

根管治療は歯科治療の中でも相当な技術を必要とします。

被せ物をかぶせて治療が終了

その後、歯髄をとった空間をすき間なく、為害性のない材料で無菌的に満たし、歯にあけた穴の部分も金属やプラスチックなどで補強し塞いでいきます。
さらにその上に被せ物をかぶせて治療が終了となります。


なぜ根管治療が必要なの?

なぜ根管治療が必要なの?

虫歯によって破壊された歯であっても根管治療によって歯を保存することで、もとの状態と同じく咬む力に耐え、永く機能することができます。

根管治療では、痛み、歯肉の腫れ、 歯の外観を観察し、さらにレントゲンによる診査、感染の状態を知る為の診査などを行います。その結果をもとに病状の原因となる歯の根管の治療を行います。
この病巣を、根管治療をしないで放置しておくと、最悪のケースとしては抜歯もありえます。


根管治療に必要な条件

①CT

CT

歯医者さんの多くでは2次元的なレントゲンの写真であるパノラマレントゲン撮影を行いますが、CT撮影をすることで歯根の形態や病巣の三次元的な位置や肉眼では見つけられない根管を発見するなど正しい診断が可能になります。

②マイクロスコープ

マイクロスコープ

これまで、歯科治療は自分の目で治療をするのが一般的でしたが、精度を求めるとこれには限界があります。
マイクロスコープを使用すると、目では見つけられない、根管内の感染物や歯の破折や穴を見つけられ、正しい診断と治療が行えるようになります。

根管内に感染物が残った状態では治療が前に進みません。
無理矢理進んだとしてもあとで痛みが出て噛めなくなったり、腫れたりと良い事は起きません。

診断を正しく行い、治療を行うためにマイクロスコープはかなり重要です。

③ラバーダム

ラバーダム

ラバーダム(写真の緑の部分)をして唾液の浸入や細菌の感染を防いだ環境で根管治療を行う事で予後がよくなります。

また、う蝕検知液(写真のピンクの部分)を使って虫歯の部分を確実に取り除いていきます。
これは、虫歯の部分だけを赤く染めて正確に虫歯の部分だけを最小限に取り除いていくことができます。


おまけ

④拡大鏡
拡大鏡

マイクロスコープもそうですが、肉眼で全てを見るのには限界があります。

そこで我々はマイクロスコープという大きな装置とは別に2倍以上に拡大して見る事がきる拡大鏡を使用しています。
肉眼での治療よりも細部まで精度が良くキレイな治療を行うことができます。

こちらは神経の治療のときだけではなく、普段の虫歯の治療や虫歯の発見にも使用されています。

 

 

根管治療よくある質問

その1.治療に関して

なぜ根管治療(歯の根の治療)をしないといけないのですか?
虫歯の菌で神経が感染してしまうと、炎症症状がおこります。
炎症症状があると、噛んだ時だけでなく、何もしてなくても強い痛みを感じてしまいます。炎症を起こした神経を取ることで痛みを取り除いていけます。
通院回数が多いのはなぜですか?
根管治療は、解剖学的に複雑な、歯の根の内側を洗浄して殺菌していきます。またその根の内側は肉眼では見えないのです。そのため、何度か通院していただき、細菌や汚染物が残らないようにしていくため通院回数が多くなります。
もし治らなかったらどうしますか?
根の中の治療をしていても、痛みが消えない事があります。
原因としては、複雑な根の形をしている場合、歯よりも奥に細菌が進行してしまっている場合、歯にひび割れができてしまっている場合などがそうです。その時は、マイクロスコープやCTを使います。マイクロスコープは歯を拡大して見ることができるので、ひび割れをみつけやすくなります。また、汚染物質等を肉眼で見えるようになるため、治療がしやすくなります。
CTは根の形や、炎症の有無、場所がわかります。これらを使って痛みの原因を突き止め、歯の内側からだけでは限界がある場合は外科的に治療をおこないます。しかし、残念ながら抜歯せざるえないことがあります。
神経を取るため歯を削ると聞きましたが、大きく削る必要がありますか?
まず、虫歯になってしまっている部分に関してはすべて取り除かなくてはなりません。神経を取る治療を行う時点で、虫歯自体が相当大きいですので、歯も大きく削らざるを得ません。しかし、必要以上に歯を大きく削ることはありません。
神経を取る治療にはどのような器具を使うのですか?
ファイルという針のような器具を使って、神経のある(あった)通路を掃除をします。当院では手で神経を除去するためのものはステンレス製、電動のものはチタン製のファイルを使用しています。
神経を取るために、針のような器具を使うと聞きました。痛くないですか?
神経がすでに死んでしまっているなどのケースでなければ、神経を取る際には必ず麻酔を行います。余程炎症が強く出てしまっているケースでも麻酔をしっかり効かせることで痛みなく治療できます。
神経を取った歯は長持ちしますか?
少し前までは神経を取った後の歯に保険治療では金属の土台を入れてましたが今では基本的にはグラスファイバーの土台を保険治療でも入れられるようになりました。そのため長持ちはするようになってきました。しかし、金属の被せ物をするとやはり金属自体の劣化や歯垢がつきやすいことで、虫歯になりやすいため、再度やりかえが必要になると思われます。その点、セラミックやジルコニアの被せ物ではやりかえるとしてもそのスパンが長くなりますし、ケア次第では一生持つこともありえます。しかし、神経を取った歯は、破折してしまうリスクが高くなります。ですので、咬み合わせが変化に合わせて、適度に噛み合わせの調整は必要と考えてください。
マイクロスコープ(顕微鏡)は使用していますか?
マイクロスコープは使用します。なぜなら使用しないと細い歯の通路(根管)やそれに通ずる穴(根管口)を発見し、きれいに清掃できないからです。もちろん保険診療でも、使用しています。マイクロスコープと根管治療(根の治療) >
麻酔が効かないことはありますか?
神経を取る治療では麻酔をかけて治療するため、痛みはほとんどありません。しかし、炎症が強く出ていたり、体質により、麻酔が効きづらい場合があります。そのような場合は神経に直接麻酔をすることで、麻酔を効かせることができますのでご安心ください。
ラバーダムありとなしの違いは何ですか?
ラバーダムを行う病院と全く行わない病院があると思います。根管治療をあまり勉強されてない先生は行わない方が多いと思います。
なぜ根管治療を勉強するとラバーダムをするのか、それはラバーダムのメリットが大きいからです。

ラバーダムのメリット
・唾液が根管に入っていかないため、根管を清潔に保てる
・根管消毒の薬が口の中に垂れない
・器具が喉のおくに落ちない
ラバーダムのデメリット
・ラバーダムは保険点数に含まれないのでやればやるほど赤字になる
・ラバーダムを装着する手間がかかる
・ラバーダムを行うための器具を滅菌する必要がある
・口で呼吸が難しくなったり、唾液が溜まることがある

等です。
根管治療をした後は被せ物を被せますが、長持ちさせるにはやはり根管治療が大切です。
ですのでデメリットがあったとしてもメリットの1番目である根管を清潔に保つというのが大きいのです。

神経を取る治療ではどんな薬をしようしていますか?
当院では神経を取る治療において、生理食塩水、次亜塩素酸水溶液、EDTA溶液、水酸化カルシウム製剤、パラクロルフェノール・グアヤコール製剤を使用しています。
過去の治療ではホルマリン系製剤、クロロホルムといった発ガン性のあるものが使われていたようですが、当院ではそういったものは使用しておりません。
マイクロスコープは何倍で見ることができる?
当院のマイクロスコープを使用すると2.8〜25.6倍に拡大できます。肉眼で見るよりも明らかに丁寧かつ繊細な治療が可能になりました。
歯髄炎とは何ですか?
虫歯の進行度合いによって1〜4段階に分かれます。一般的に歯髄炎とはC3のことを指します。神経まで虫歯菌が進んでしまっている状態です。歯髄炎になると冷たいものや温かいもので歯がしみたり痛んだりします。
歯髄が細菌に感染してしまっているのです。
根尖性歯周炎とは何ですか?
虫歯が進行しすぎてしまったり、外傷によって歯の中の神経が死んでしまったり、根の治療を中断して長期間放置してしまったり、過去に神経を取っている歯に感染が生じた時に歯の根の先端(根尖)に膿が溜まったものをいいます。

さらに放置すると、腫れて痛みが出たり、最悪の場合、歯を抜かないといけなくなったり、隣の歯へ感染が移ったりします。

痛むことはなかったのに、歯の中の神経が死んでいると言われた。
根管治療は必要?
当院では、EPT機械を使用してという歯髄電気診を行います。これは神経が生きているのか死んでいるのかを測定するものになります。しかしながら、これで100%信用ができるわけではないので、その他の検査と合わせて診断を行います。例えば、打診、触診、温熱診、レントゲンや症状の問診です。

これらを総合して、神経が死んでいると判断された場合は、根管治療を行わなければなりません。放っておくと痛みや腫れ、歯根吸収につながりかねないからです。また、歯が灰色に変色してしまうこともあるのです。

CTを撮ると言われたのですが、何のためですか?
歯科用CTは、肉眼で確認できない根管、例えば狭窄しているような場合、根管が複雑な場合、樋状という変わった根管の場合、マイクロスコープで見ても根管が見つからない場合、破折の疑いがあるがレントゲンでは確認できなかった場合、それぞれどこにあるかを判断するために撮影します。
根管治療を中断するとどうなりますか?
中断はできますがオススメしません。なぜかというと、仮フタをして1回1回の治療は終了しますが、微小漏洩といって、少しずつ根管内に細菌が感染が起こってくるからです。

また、完全に仮フタが取れてしまって、虫歯が進行し、抜歯に至ってしまうこともあるからです。

虫歯になり、歯が痛いのですが、神経を取る必要がありますか?
神経を取るのは神経が菌に感染してしまい、炎症が可逆性でなく、元に戻らないと判断されたときです。痛みがある=神経をとる、ということではないのでご安心ください。ブレア歯科麻布十番では、なるべく歯の神経を取らないように、覆髄処置を行ったり、神経に達する穴を開けないためにルーペやマイクロスコープを使用して、視野を拡大して治療を行なっています。神経を取ると不安になってる方のご相談、何でもお受けします。
以前根の治療した歯が痛むのですが、どうしたら良いですか?
神経を取り終わり、歯に被せ物をした歯に再感染が起こり、根の先端に炎症が波及すると痛みが出ます。
ストレスや疲れが溜まっていたり、体調不良などによって免疫が下がりその炎症が大きくなると、痛みや、腫れ、違和感が起こります。

このような場合は、再度根管治療を行うこともあります。行わない場合もありますが、定期的にレントゲンを撮影し、経過観察を行い、状態が進行しましたら再治療を行うこともあります。

根管治療は定期的にやり直す必要がありますか?
根管治療は基本的にはやり直す必要はありません。症状もない、レントゲン写真でも異常が見られないのであれば。しかしながら、痛みや腫れが起こってしまった場合にのみ必要があります。
実は、日本における根管治療は、欧米と比較すると、再治療になってしまう確率がとても高いのです。
成功率の違いは、ラバーダムの有無、マイクロスコープを使用するかどうか、歯科用CTの撮影をするか、そして、根管治療に精通した歯科医師が治療するかどうかが関わってきます。
再治療を行ったら、腫れてしまったのですが、なぜですか?
再治療を行う理由としては、再感染により、根の先端に炎症が起こったり、膿が溜まっていることが考えられます。再治療を行う前の状態としては慢性炎症があると考えられます。しかし再治療を開始すると、その炎症が急性炎症に変化することがあります。それは専門用語でフレアーアップといいますが、おおきく腫れたり、痛みが出ることがあります。当院ではこれらに対処するために、抗生物質や痛み止めを処方させていただいております。

フレアーアップは起こり得る可能性がありますが、起こったからといって治療が失敗しているということではありませんのでご安心ください。

根の治療についてもっと詳しく


PAGE TOP