根(歯の神経)の治療

診療案内 根(歯の神経)の治療

虫歯の進行

虫歯の進行は5段階に分けられます。

①C0

C0

虫歯になる一歩手前です。歯に穴は開いていませんが、表面が白くなったり茶色く着色します。

しっかり歯を磨くことで進行を抑えることができます。

②C1

C1

表面のエナメル質が虫歯になっています。歯の表面がザラザラしたり、小さな黒い穴ができますが、痛みはありません。

③C2

C2

虫歯が歯のエナメル質をやぶり、その下の象牙質にまで進行しています。

この状態になると、冷たいものや甘いものなどを食べるとしみたり、痛みを感じるようになります。
また、食べ物を噛んだ時などに痛みを感じることもあります。

④C3

C3

虫歯が歯髄という歯の神経に達し、炎症が起きます。

穴が大きく、またいつも痛むようになります。
昔は悪い歯はすぐ抜いていましたが、できるだけ歯を残すという考えで、神経だけを除去する治療を行います。

⑤C4

C4

虫歯がもっとも進行した状態です。

根の部分だけが残って神経は腐敗しています。
この骨のなかに膿がたまることもあり、痛みが出たり腫れたりします。

健康な歯質がある程度残り、歯根の長さが十分ある場合は、出来るだけ残しはしますが、抜歯になる可能性が高くなります。


根管治療(歯内治療)とは?

根管治療(歯内治療)とは?

一般的に神経に炎症が生じるとそのまま死んでいきます。激しい痛みがあったり、神経自体が見えてしまうような大きな虫歯がある場合は神経をとる必要があります。

痛んでいた歯の神経が死んでいくと、一時的に痛みが消失する事もあり、感じる症状と歯の状態が一致しないこともあります。

根管治療

まず、虫歯になった部分を削り、歯の神経(歯髄)のあるところまで穴をあけます。
そして、菌が侵入してしまった歯髄を除去して、神経の通っている穴(歯髄腔)と、それにつながる根の中の根管のまわりを少し削りとりながら、全体を清掃します。
歯髄腔の形や根管の数や形は、歯それぞれで皆違います。しかもこの作業は狭く暗い口の中で、直接みることの難しい歯の中での細かい作業です。

根管治療は歯科治療の中でも相当な技術を必要とします。

被せ物をかぶせて治療が終了

その後、歯髄をとった空間をすき間なく、為害性のない材料で無菌的に満たし、歯にあけた穴の部分も金属やプラスチックなどで補強し塞いでいきます。
さらにその上に被せ物をかぶせて治療が終了となります。


なぜ根管治療が必要なの?

なぜ根管治療が必要なの?

虫歯によって破壊された歯であっても根管治療によって歯を保存することで、もとの状態と同じく咬む力に耐え、永く機能することができます。

根管治療では、痛み、歯肉の腫れ、 歯の外観を観察し、さらにレントゲンによる診査、感染の状態を知る為の診査などを行います。その結果をもとに病状の原因となる歯の根管の治療を行います。
この病巣を、根管治療をしないで放置しておくと、最悪のケースとしては抜歯もありえます。


根管治療に必要な条件

①CT

CT

歯医者さんの多くでは2次元的なレントゲンの写真であるパノラマレントゲン撮影を行いますが、CT撮影をすることで歯根の形態や病巣の三次元的な位置や肉眼では見つけられない根管を発見するなど正しい診断が可能になります。

②マイクロスコープ

マイクロスコープ

これまで、歯科治療は自分の目で治療をするのが一般的でしたが、精度を求めるとこれには限界があります。
マイクロスコープを使用すると、目では見つけられない、根管内の感染物や歯の破折や穴を見つけられ、正しい診断と治療が行えるようになります。

根管内に感染物が残った状態では治療が前に進みません。
無理矢理進んだとしてもあとで痛みが出て噛めなくなったり、腫れたりと良い事は起きません。

診断を正しく行い、治療を行うためにマイクロスコープはかなり重要です。

③ラバーダム

ラバーダム

ラバーダム(写真の緑の部分)をして唾液の浸入や細菌の感染を防いだ環境で根管治療を行う事で予後がよくなります。

また、う蝕検知液(写真のピンクの部分)を使って虫歯の部分を確実に取り除いていきます。
これは、虫歯の部分だけを赤く染めて正確に虫歯の部分だけを最小限に取り除いていくことができます。


おまけ

④拡大鏡
拡大鏡

マイクロスコープもそうですが、肉眼で全てを見るのには限界があります。

そこで我々はマイクロスコープという大きな装置とは別に2倍以上に拡大して見る事がきる拡大鏡を使用しています。
肉眼での治療よりも細部まで精度が良くキレイな治療を行うことができます。

こちらは神経の治療のときだけではなく、普段の虫歯の治療や虫歯の発見にも使用されています。

 


PAGE TOP