インプラント

診療案内 インプラント

インプラント

インプラントによる治療については、最近はよく知られるようになってきました。施術もたくさん行われてきています。保険外の治療になりますが、それでも手術を受けたいという患者さんはたくさんいます。

また、インプラントにはまだ関係ない人でも、インプラントという言葉は広く知られています。インプラントを装着することによって、自分の歯のようになります。

歯磨きなども普通に行うことができ、入れ歯のように食べ物の味が変わるということもありません。歯を失っても再び自分の歯のように感じれる歯を作ることができるのです。

インプラントとはどんな治療法なのかを具体的にご紹介します。


インプラントの治療方法

シンプラント3D解析の機械

インプラントの手術は、歯ぐきを切り中にある骨をドリルで削って、インプラント体を埋めます。骨は痛みをあまり感じないところなので、局所麻酔が効いているので痛みはありません。

インプラント1本あたりの埋め込みに要する時間は、20~30分程度です。骨に埋め込むと聞くと大きな手術のように感じますが、実はインプラントの手術は100年以上も前から行われてきました。実績もたくさんある治療方法なのです。

骨に埋め込むということを聞くと怖く思う人もいると思いますが、痛みも抜歯程度の痛みといわれています。痛み止めを痛みが出てきそうな時間に合わせて摂取することで、痛みを感じないようにすることもできます。
手術による腫れは適切な処置が行われていれば、あまり起こらないと考えられています。殆どの場合、腫れが起こったとしても次の日には腫れがなくなっている場合が多いです。

また更なる安全性を確保するために事前の3Dシュミレーションを使用した治療計画を元に治療させていただきます。手術自体は準備も含めて最短1時間〜でそれほど時間がかかるものではなく、滅菌された空間で治療を行うので、高い安全性も確立されています。


インプラントの素材

インプラントの素材

歯科用インプラントは純チタン製です。チタン合金を材料とした骨結合型のものが使用されています。チタンは体に無害で発癌性もないので安心の素材です。その上腐食もしません。また体の組織との親和性が高いのでアレルギーを起こすこともありません。

インプラントの素材は大変安全なものです。ですので治療の安全性は素材では左右されません。


骨移植について

骨移植

インプラントはスクリューを埋め込む骨があってこそできる手術です。しかし、場合によっては骨がない人がいます、そのような人の場合は、骨を形成することからはじめます。

骨の形成は、一般的に自己移植が主流となっています。 自分の骨をドナーとして移植するのです、そのことで骨量を増やすことができます。もちろん人工骨も選択肢として考えられますが、安全性や定着度などの問題から自己移植のほうがいいと考えられています。

骨移植を行うタイミングとしては、インプラント埋入と同時に骨移植を行うこともあります。まったく骨がない場合は、骨移植をあらかじめ行ってから、数ヶ月骨が形成されるのを待ってからインプラントの手術を行うこともあります。


インプラントのアフターケア

インプラントのアフターケア

インプラントの手術を成功させる鍵は、アフターケアにあります。アフターケアがきちんとできていないと、骨吸収と呼ばれる症状を引き起こすことができます。

インプラントはプラークがつきやすいといわれています。歯周病になりやすい環境になってしまいます。
そのためにブラッシングをきちんとする必要があります。
きちんとしたアフターケアが行われていると、7年ほどは継続して使うことができます。定着率を高めるためにも、適切なアフターケアを行いましょう。


お気軽にお問い合わせください

インプラント治療は歯を失ってしまったあなたへの選択肢の一つです。

インプラントの治療は、きちんと行うことでもともとあった歯のように感じることができます。
手術は痛みを多少は伴いますが手術内容ほど怖いものではありません。
保険適用外ですので治療費が高いというデメリットもありますが、インプラント治療は画期的な治療法といえます。

インプラント治療をご検討されたい方は、無料相談も行っておりますので、ぜひ一度当院までご相談ください。


PAGE TOP