歯を失ってしまった

症状から治療を探す 歯を失ってしまった

口の中に何本があるかご存知ですか?
親知らずが4本生えていると32本で親知らずがない方や全て抜いた方は28本あります。

自然な噛み合わせは、1本1本が隣同士の歯と寄り添い、噛み合う歯とその位置関係をキープしています。しかし、虫歯が進行し抜歯になってしまったり、歯周病で歯を失ってしまうと、今までキープしていた噛み合わせが崩れてしまい、更に別の歯を失うリスクが高まります。

奥歯を失い歯並びが崩れてくると、前歯に隙間が出来、出っ歯になります。こうなると、満足に食事をとる事が出来なくなり、奥歯でしっかり噛んで食べられる人と比べると、全身疾患や障害を発症する確率が高くなります。そうならない為に歯を失った場合、治療が必要となります。


失った歯の周りに歯が残っている

失った歯の周りに歯が残っている

主な治療法

ブリッジ
歯を失った前後の健康な歯を削り、橋渡しをして治す方法です。前後の歯には力が加わるのと、虫歯や歯周病になりやすくなります。こちらは保険適用のものと、見た目が綺麗で精密な型取りが出来る自費診療のものがあります。
入れ歯
人工歯をご自身で取り外しができるので、清掃がしやすいですが、バネをかける歯はに負担がかかります。また、違和感があります。こちらも、ブリッジと同様に保険適用のものと、自費診療のものでお選び頂けます。
インプラント
強く噛める事と天然の歯と変わらない見た目で綺麗にできます。また、他の歯への影響も少なくてすみます。骨にインプラント体を入れる必要がある為、骨が少ないと骨を足す必要があります。また、外科手術になるので、負担がかかります。こちらは保険適用が出来ない為、全て自費診療となります。

1~3の治療方法がありますが、ものを噛む能力もそれぞれで異なってきます。
自分の歯で噛む力をを100とすると、1のブリッジは60~80、2の入れ歯は30~40、3のインプラントは90~100となります。

また、どの治療方法でもご自身でのお手入れがとても大切となりますので、正しいケア方法も身につけましょう。

簡単に説明させて頂きましたが、検査結果を踏まえて、ご自身に合った治療方法を見つける為にも、医院にいらして頂き治療相談をしましょう。


全ての歯を失っている

全ての歯を失っている

こちらの場合、ブリッジの適応ではなくなるため、入れ歯かインプラントの選択になります。また、全ての歯を失っていると顎の骨もかなり無くなっていることもあるため、普通に入れ歯を入れるとなかなか安定しない可能性があります。ですので、インプラントと入れ歯を併用して行う方法もあります。


なるだけ天然歯に近く戻したい

なるだけ天然歯に近く戻したい

なるべく天然の歯に近くするとしたらやはりインプラントになると思います。患者様と共にゴールをきめてどこまで近くしたいのかを相談していきましょう。


移植できる歯が残っている

移植できる歯が残っている

親知らずが横を向いていたり、重度の歯周病・虫歯になっていない限り、その親知らずを抜いて、移植するという方法があります。平均で5年ほどもつといわれています。


PAGE TOP