入れ歯(義歯)

診療案内 入れ歯(義歯)

さまざまな理由で入れ歯を利用することになる人がいます。
歯を失ったときに、失った歯の代わりとして入れる治療法には、入れ歯、インプラント、ブリッジがあります。

ここでは特に入れ歯の治療法について考えて見ます。
入れ歯は主にプラスチックと金属のバネで作成するものが、一般的な入れ歯です。

部分入れ歯

部分入れ歯とは、歯を失った部分だけに入れ歯を入れる治療法です。
その入れ歯を、残っている歯に金属のフックを掛けることで入れ歯を維持安定させていきます。
きちんと自分の歯の形にあって設計して、適切な治療をほどこせばしっかり噛めて、長期に維持できる治療法です。

部分入れ歯は構造上欠損部分の粘膜と現在ある歯により噛む力を支えます。
そのために入れ歯が成功したかどうかの判断を下すのは、欠損部分の粘膜と現在ある歯へかかる噛む力の負担のバランスがいいかどうかという点です。

現在ある歯だけに負担がかかると、その歯はぐらぐら揺れダメージを受けてしまいます。
最終的には、抜けてしまいます。
逆に粘膜だけに負担がいけば粘膜が傷き、食事をすると入れ歯があたり痛いということがあります。
しっかりと自分の形にあったものを設計してもらう必要があります。

部分入れ歯の種類

最近では、いろいろな入れ歯があります。
保険適用外のものもありますが選択肢がずいぶんと広がっているのも事実です。

マグネットデンチャーと呼ばれるものは、入れ歯の大きさからくる違和感、しゃべりにくさ、はずれやすい、噛みにくさを解消した入れ歯です。
名前のとおり、磁石を使った入れ歯です。
磁力によりガタつきのないピッタリとフィットした入れ歯が出来上がります。
しかもマグネット式ですので、簡単に装着でき、しっかり噛め、自然で若々しい口元になります。

ほかのタイプの入れ歯にノンクラスプデンチャーというものがあります。
ノンクラスプデンチャーと呼ばれる金属のバネを使用しないものです。
見た目もきれいですし、機能性の面でも優れています。
弾力性の高い材質により薄い仕上がで、口の中が快適です。とても自然な仕上がりです。
一目見ただけでは区別がつきません。金属のバネがないので、金属アレルギーがある人でも試せます。


総入れ歯

部分入れ歯では対応しきれない場合は、総入れ歯になります。ほとんどの歯が抜け落ちてしまった場合の治療方法です。

総入れ歯は、付け心地が悪いなどのデメリットがたくさんありました。
総入れ歯を快適に使うためには、部分入れ歯のときと同様にきちんとした設計と治療が大切になります。
それには正しい入れ歯の形態、正しいかみ合わせ、適正な人工歯の位置などを知ることが含まれます。
仮歯で少しの間試してみてから、本当の総入れ歯を製作するようにしましょう。

粘膜の厚さから、あご骨の状態、舌の大きさ、唇のかたち、顔の大きさすべてにおいて個人個人違うので、これらをチェックするために仮の入れ歯(治療用入れ歯)をいれて使い、確認しながら治療を進めていきます。

仮の入れ歯(治療用の入れ歯)を作る事で、入れ歯の形や大きさなど実際にしようしなければわからないことをしっかりと確かめます。
物を噛んでも入れ歯は安定しているか、大きく口を開いても入れ歯は落ちないか、前歯の見え具合はいいか、唇のしわはでないかなど確認事項は多岐にわたります。
もちろん見た目も大事ですが、それ以上に機能がどうかということも大事になります。

不良な入れ歯は長く使用していると、あごの関節や筋肉に問題をおこします。
このようなことが決して起こらないようにするためにも、しっかりと確認作業を繰り返しましょう。
大事な歯の代わりになるものです、より自分の元の歯に近いものの感覚を目指しましょう。


PAGE TOP