口腔外科

診療案内 口腔外科

口腔外科とは

口腔外科とは

口腔外科(こうくうげか)とは、口の中にある、歯や歯茎、舌、粘膜、顎、唇、唾液腺のほか、顎の骨、顎の関節など顔の周りの口腔に部位に生じた病気を、「外科的な処置」で治療する診療科です。

例えば、親知らずの抜歯や口内炎・舌がん、顎関節症などは口腔外科で治療します。

口腔外科で扱う主な症状

  • 歯が痛い
  • 歯茎や顔が腫れている
  • 親知らずが痛い
  • 事故で歯が折れた・口の中に傷ができた
  • 歯がグラグラする
  • 口内炎が治らない
  • 顎の関節が痛い・カクカクする
  • 口の中がひどく乾燥する
  • 口の中や舌にできものができている
  • 味がおかしい
  • 噛み合わせが悪い
  • インプラントを埋め込みたい

口腔外科で扱われる主な病気

  • 口腔内にできるがん(舌がん、歯肉がん、口底がん、頬粘膜がんなど)
  • 交通事故やスポーツなどの外傷
  • 顎関節症・顎変形症
  • 唾液腺疾患(唾液腺炎など)
  • 口腔粘膜疾患(口内炎など)
  • 神経性疾患(顔面神経けいれんなど)
  • 口臭症
  • インプラント治療

口腔外科治療を受けるメリット

口腔外科治療を受けるメリット

口腔外科にかかわる症状は、歯や口内、顎の痛みなど生活に支障が出ることが多いものです。また、毎日の食事や、発声・発音時に支障があると、日常会話や対人関係、仕事にも悪影響が出てしまいます。また、見た目の審美的な面でも気になることもあるでしょう。

たいしたことはないと放っておくと、どんどん悪化していき、全身にまで悪影響が及ぶこともあります。また、症状が進行するほど、大掛かりな外科手術が必要になる可能性が高まりますし、時間や費用、手間の面でも負担が大きくなってしまいます。

口腔外科治療を受けることで、口の中、顎、顔面において、機能も見た目も改善し、健康的で明るい生活を取り戻すことができます。顔の周りは、人にとって大切な部位です。楽しい食生活や対人関係を続けるためにも、もし気になる症状がある場合には、口腔外科を早めに受診することが肝心です。


口腔外科の外科手術について

口腔外科の外科手術

口腔外科でよく行われる手術には、次のようなものがあります。
病気の進行度合いや症状によって適応する手術は異なってきます。いずれも実績のある口腔外科の専門医が行います。

  • 親知らずなどの抜歯(ばっし)術
  • 骨隆起形成術
  • 歯根端切除術
  • 歯槽骨整形術
  • 顎矯正手術
  • インプラント

口腔外科治療の流れ

口腔外科治療は、次のような流れで行います。

  • レントゲン撮影

    STEP1 レントゲン撮影
    初診の場合、お口の中をレントゲン撮影をして把握します。

  • 診療方針の説明

    STEP2 診療方針の説明
    初診の場合、スタッフが当院の診療方針をご説明します。

  • 口腔内の検査

    STEP3 口腔内の検査
    初診の場合、歯周病検査や、歯式、口腔内写真などの口腔内の情報を検査して記録します。

  • 治療

    STEP4 治療
    歯科医師が実際に口腔内の視診をし、どのような治療が必要になるかをご説明します。スケジュールを含めてしっかりと治療計画を決めます。もし痛みが強い場合には、その痛みを取るための治療を当日に行うこともあります。


PAGE TOP