親知らず、顎の痛み

親知らず、顎の痛みについて

親知らず

顎周りのトラブルについて

いきなり口が開かなくなったり、顎が痛いと、会話や食事がしづらくなり、日々の生活に支障が出ます。また、口を大きく開けるとバリッと音がすると驚きますし、続くと不快ですよね。

本ページでは顎周りのトラブルについて、考えられる症状と原因を解説いたします。症状だけ見ると鑑別が非常に難しいため、顎周囲に異変を感じたら、状態が悪くなる前に来院なさる事を
お勧めします。

口が開かない、顎の関節が痛い

顎関節症によるもの

口が開かない・開けようとすると耳の前のあごの関節が痛い、といった症状がある場合、顎関節症(がくかんせつしょう)が疑われます。顎関節症は、あごの周りの関節や筋肉、靭帯の異常によって起こります。

顎関節症

主な原因

原因ははっきりと一つに決められない、いわゆる多因子疾患と呼ばれています。生活習慣、ストレス、はぎしり、くいしばり、妊娠・出産、嗜好物など本当に様々で、しかも、はっきりとは解明されていません。

歯科医院での治療

歯科医院では、症状を診ながら、歯ぎしりやかみ合わせの治療を進めます。

矯正(かみ合わせ)治療 歯ぎしりの治療

親知らずの周辺の歯ぐきの炎症

親知らずが斜めもしくは真横にはえていたりすると、とても歯磨きがしづらいですよね。歯磨きができないと、そのまわりの歯ぐきが炎症を
起こします。

口が開かない・開けづらいといった症状の場合、顎関節症の他に、親知らずの周辺の歯ぐきの炎症(智歯周囲炎)の可能性も考えられます。親知らずは、のどに近いため、飲み込みがしづらくなったりします。

親知らずの周辺の歯ぐきの炎症

歯科医院での治療

この場合、歯科医院では様子を見ながら親知らず治療を進めます。

親知らず(智歯)治療

耳の奥で音がする

顎関節症によるもの

口を開閉すると耳の奥でガサガサ、ゴソゴソ音がする場合も、顎関節症が疑われます。放置していると、関節雑音がひどくなったり、口を完全に閉じることができなくなる場合もあります。全身に痛みが広がる事もありますので、早めの治療をお勧めいたします。

顎関節症

歯科医院での治療方法

矯正(かみ合わせ)治療 歯ぎしりの治療
今すぐ予約したい方
03-3505-4618電話受付10〜21時(土日は18:30まで)
3日以降のご予約
WEBから予約24時間受け付けております。
お悩み・ご相談
お問い合わせお気軽にお問い合わせください。

麻布十番歯科・矯正歯科は
痛みに配慮した、
おもてなしの歯医者です。

診療時間
10:00〜13:30
15:00〜21:00 - -
14:30〜18:30 - - - - -

※平日最終受付は20:00まで
※土日の最終受付は17:30まで
[休診日]祝日

AED
TEL:03-3505-4618
地図

〒106-0044 東京都港区東麻布3-8-8 明商ビル1F
大江戸線 麻布十番駅 6番出口より徒歩10秒
南北線 麻布十番駅 6番出口より徒歩10秒
Google マップを開く >