歯がしみる

症状から治療を探す 歯がしみる

歯がしみてしまう最大の理由としては虫歯になります。大人の場合、知覚過敏症ということも少なくありません。それぞれについて解説していきます。

知覚過敏症

知覚過敏症

歯の一番外側をエナメル質、その内側を象牙質といいますが、その象牙質の中には歯の神経へ通じる象牙細管という、細い管が通っています。この管の中には組織液があり、直接的な刺激つまり冷たいものや甘い物、ブラッシングによって移動させられることで痛みを感じます。歯が欠けたり、歯ぐきが下がることで今まで隠れていた部分の歯がみえてきたり、歯ブラシのしすぎで歯がすり減ったり、歯ぎしり食いしばりによって、歯と歯ぐきの境目の部分の歯が削れ、歯周病が起こります。

主な治療法

削れてしまったところ、欠けてしまったところ、露出してしまったところに凍み止めの薬を塗るか、プラスチックで封鎖して治療します。


虫歯

虫歯

虫歯がエナメル質内にとどまっている間はしみたりしないのですが、象牙質まで達してしまうと冷たいもの、甘い物にしみやすくなります。痛みは比較的すぐおさまります。この状態をC2といいます。

さらに虫歯が進行すると、神経まで虫歯が達してしまいます。そうなると温かいものがしみるようになり、痛みもしばらく続くようになります。何もしなくても痛みがでることもあります。この状態をC3といいます。

主な治療法

C2の場合は、詰め物を入れて治療します。

C3の場合は、神経を取る治療になります。神経をとり、痛みや症状がなくなった後、コアと呼ばれる土台をたて、その上に被せ物をしていきます。


PAGE TOP