歯が欠けた・つめ物が取れた

歯が欠けた

歯が欠けてしまう理由

歯が欠けてしまう理由として考えられる事として4点あります。

  • 歯ぎしり・食いしばりなど噛み合わせに関して強い力が加わって欠けた
  • 虫歯になって歯が脆くなって欠けた
  • 転倒や衝突などの事故によって欠けた
  • 誤って硬いものを噛んでしまった
虫歯
歯が欠けた

治療の流れ

お口の中を拝見した後、欠けてしまった部位や必要に応じてその周囲のレントゲン写真を撮影させていただき、歯の状態を確認させていただいてから、治療を行い
ます。

転倒などの怪我による場合は、顎の関節に問題ないかみるために大きなレントゲン写真をとることもあります。そして、顎の骨が折れてしまっている場合や頭部を強くぶつけている可能性がある場合などは歯科治療でなく、医科の病院や大学の口腔外科での治療を先におすすめすることもあります。

当院が初めての方は「診療の流れ」も合わせてご覧くだ
さい。

診療の流れ
歯が欠けた

治療方法

前歯

小さい場合 → 研磨のみでいい場合とコンポジットレジンとよばれるプラスチックで治す場合があります。

大きい場合 → コンポジットレジンとよばれるプラスチックで治す場合と大きさによってはかぶせ物をかぶせる場合があります。

※コンポジットレジンとは、光で固まるプラスチックの材料です。

接着剤をつける → プラスチックをつめる → 形やかみ合わせを整える → 研磨といった流れで行います。

※欠けている部分が大きく、歯の神経が見えるくらい欠けてしまっている場合は、神経を取る処置が必要になり
ます。

根管治療

※欠けている部分のひびが歯茎の下の根っこまで広がっている場合は、歯を残せないので歯を抜かないといけなくなることがあります。歯を抜いた後は、そこに代わりのものをいれる必要があります。

歯がないところがある

奥歯

小さい場合 → 研磨のみでいい場合とコンポジットレジンとよばれるプラスチックで治す場合があります。

大きい場合 → 強度が必要なので、つめ物かかぶせ物で治していきます。素材は、保険の金属のものと保険外のセラミックを使ったものなどがあります。

セラミック治療

※コンポジットレジンは、光で固まる材料で、一回の来院でできます。つめ物やかぶせ物は型どりと歯につけるときの二回の来院が必要ですが、かぶせ物によっては仮歯に置く期間が必要になることもあるので、三回以上かかることもあります。

※欠けている部分が大きく、歯の神経が見えるくらい欠けてしまっている場合は、神経を取る処置が必要になり
ます。

根管治療

※欠けている部分のひびが歯茎の下の根っこまで広がっている場合は、歯を残せないので歯を抜かないといけなくなることがあります。歯を抜いた後は、そこに代わりのものをいれる必要があります。

歯がないところがある

つめ物がとれた

そのままつけられる場合と新しいつめ物をつくらないといけない場合があります。

周りが虫歯になっておらず、つめ物がきちんと元の部分に戻る場合:
→そのままつけられる

周りが虫歯になっている場合:
→虫歯をとりきってから、新しいつめ物のための型どりをする。
この時、虫歯が大きくて神経までいってしまっていた場合は、型どりではなく先に神経をとる治療を行います。

つめものが割れてしまっている場合:
→つめ物の一部が歯に残っているときは、残っている部分をとりきってから型取りをして新しいつめ物をつくっていきます。

虫歯
今すぐ予約したい方
03-3505-4618電話受付10〜21時(土日は18:30まで)
3日以降のご予約
WEBから予約24時間受け付けております。
お悩み・ご相談
お問い合わせお気軽にお問い合わせください。

麻布十番歯科・矯正歯科は
痛みに配慮した、
おもてなしの歯医者です。

診療時間
10:00〜13:30
15:00〜21:00 - -
14:30〜18:30 - - - - -

※平日最終受付は20:00まで
※土日の最終受付は17:30まで
[休診日]祝日

AED
TEL:03-3505-4618
地図

〒106-0044 東京都港区東麻布3-8-8 明商ビル1F
大江戸線 麻布十番駅 6番出口より徒歩10秒
南北線 麻布十番駅 6番出口より徒歩10秒
Google マップを開く >