マタニティ外来

診療案内 マタニティ外来

妊娠中の口腔環境

妊娠中の口腔環境

妊娠すると、エストロゲンという女性ホルモンの増加により、歯周病になりやすくなります。
この歯周病になると、早産の可能性を増加させるといわれています。

そのため、歯周病にならないために、大元の原因である菌を減らし、合わせて菌を増やさない環境を作ってあげる事が重要です。
歯のクリーニングをして予防していきましょう。

また、お子様の乳歯の形成は妊娠7週目から始まります。
乳幼児の健康な口腔を確保するために、マイナス1歳から母親の生活習慣の指導が必要になります。


妊娠中の口腔環境の特徴

妊娠中の口腔環境

妊娠期には普段と異なるお口の中の特徴があります。

  • つわりにより吐き気や倦怠感が起こりやすく、歯ブラシが十分に出来ない
  • 女性ホルモンの分泌過剰により歯肉に炎症や腫脹が起こりやすい(妊娠性歯肉炎)
  • 唾液が酸性化し、お口の中が乾燥しやすくなる

以記のような事が原因で、口腔内の病気が発生しやすくなるのです。
当院では、ここを一緒に改善していきます。


妊娠中の治療について

妊娠中の治療について

「妊娠中に歯や歯ぐきが痛くなってしまったら、治療は出来るの?」と心配ですよね。
治療ごとに当院では下記のように対応しております。

また、体勢によりお腹の張り具合が変わり辛いこともあると思います。
遠慮なく「起こし気味が良い」や、「少し横向きが良い」等、ご希望をおっしゃってください。対応させていただきます。

クリーニング

歯医者慣れされていて、特にストレスを感じない場合、クリーニングは基本的にはいつでも問題ありません。

虫歯の治療、麻酔を使用した治療

虫歯の治療等、麻酔を行ったりと、ストレスのかかる治療に関しては、妊娠中期の4~7ヵ月であれば問題なく行えます。
その期間以外は応急処置で対応させていただく事が多いです。
歯科の麻酔は局所麻酔です。通常量の使用は母子ともに問題ありません。

抜歯

抜歯などの外科処置は緊張やチェアタイムが長くなることで負担がかかり、投薬が必要になることがあります。
そのため、抜歯は基本的に行いませんが、どうしてもというケースの場合は担当医と相談しましょう。

X線撮影(レントゲン)

X線撮影(レントゲン)に関しては、防護エプロンを着用し、腹部を遮蔽してX線撮影を受けましょう。
歯科レントゲンの被ばく量は小さく腹部を防護エプロンで保護すれば母子に影響はないとは言われていますが、不安な方は遠慮なく撮影を断っていただいてもかまいません。基本的に当院では、どうしてもという事がない限り撮影はいたしません。


治療中に妊娠した場合

治療中に妊娠した場合

現在治療中の患者様も妊娠が分かった場合には、すぐに担当医にお伝えください。
患者様が快適に治療を行えるよう配慮致します。

また当院では難しいケースに関しては、マタニティ外来のある歯科大学病院を紹介できますのでご安心下さい。


PAGE TOP