当院について よくあるご質問


根管治療について

神経を取った歯は長持ちしますか?
少し前までは神経を取った後の歯に保険治療では金属の土台を入れてましたが今では基本的にはグラスファイバーの土台を保険治療でも入れられるようになりました。そのため長持ちはするようになってきました。しかし、金属の被せ物をするとやはり金属自体の劣化や歯垢がつきやすいことで、虫歯になりやすいため、再度やりかえが必要になると思われます。その点、セラミックやジルコニアの被せ物ではやりかえるとしてもそのスパンが長くなりますし、ケア次第では一生持つこともありえます。しかし、神経を取った歯は、破折してしまうリスクが高くなります。ですので、咬み合わせが変化に合わせて、適度に噛み合わせの調整は必要と考えてください。
マイクロスコープ(顕微鏡)は使用していますか?
マイクロスコープは使用します。なぜなら使用しないと細い歯の通路(根管)やそれに通ずる穴(根管口)を発見し、きれいに清掃できないからです。もちろん保険診療でも、使用しています。マイクロスコープと根管治療(根の治療) >
麻酔が効かないことはありますか?
神経を取る治療では麻酔をかけて治療するため、痛みはほとんどありません。しかし、炎症が強く出ていたり、体質により、麻酔が効きづらい場合があります。そのような場合は神経に直接麻酔をすることで、麻酔を効かせることができますのでご安心ください。
ラバーダムありとなしの違いは何ですか?
ラバーダムを行う病院と全く行わない病院があると思います。根管治療をあまり勉強されてない先生は行わない方が多いと思います。
なぜ根管治療を勉強するとラバーダムをするのか、それはラバーダムのメリットが大きいからです。

ラバーダムのメリット
・唾液が根管に入っていかないため、根管を清潔に保てる
・根管消毒の薬が口の中に垂れない
・器具が喉のおくに落ちない
ラバーダムのデメリット
・ラバーダムは保険点数に含まれないのでやればやるほど赤字になる
・ラバーダムを装着する手間がかかる
・ラバーダムを行うための器具を滅菌する必要がある
・口で呼吸が難しくなったり、唾液が溜まることがある

等です。
根管治療をした後は被せ物を被せますが、長持ちさせるにはやはり根管治療が大切です。
ですのでデメリットがあったとしてもメリットの1番目である根管を清潔に保つというのが大きいのです。

神経を取る治療ではどんな薬をしようしていますか?
当院では神経を取る治療において、生理食塩水、次亜塩素酸水溶液、EDTA溶液、水酸化カルシウム製剤、パラクロルフェノール・グアヤコール製剤を使用しています。
過去の治療ではホルマリン系製剤、クロロホルムといった発ガン性のあるものが使われていたようですが、当院ではそういったものは使用しておりません。
マイクロスコープは何倍で見ることができる?
当院のマイクロスコープを使用すると2.8〜25.6倍に拡大できます。肉眼で見るよりも明らかに丁寧かつ繊細な治療が可能になりました。
歯髄炎とは何ですか?
虫歯の進行度合いによって1〜4段階に分かれます。一般的に歯髄炎とはC3のことを指します。神経まで虫歯菌が進んでしまっている状態です。歯髄炎になると冷たいものや温かいもので歯がしみたり痛んだりします。
歯髄が細菌に感染してしまっているのです。
根尖性歯周炎とは何ですか?
虫歯が進行しすぎてしまったり、外傷によって歯の中の神経が死んでしまったり、根の治療を中断して長期間放置してしまったり、過去に神経を取っている歯に感染が生じた時に歯の根の先端(根尖)に膿が溜まったものをいいます。

さらに放置すると、腫れて痛みが出たり、最悪の場合、歯を抜かないといけなくなったり、隣の歯へ感染が移ったりします。

痛むことはなかったのに、歯の中の神経が死んでいると言われた。
根管治療は必要?
当院では、EPT機械を使用してという歯髄電気診を行います。これは神経が生きているのか死んでいるのかを測定するものになります。しかしながら、これで100%信用ができるわけではないので、その他の検査と合わせて診断を行います。例えば、打診、触診、温熱診、レントゲンや症状の問診です。

これらを総合して、神経が死んでいると判断された場合は、根管治療を行わなければなりません。放っておくと痛みや腫れ、歯根吸収につながりかねないからです。また、歯が灰色に変色してしまうこともあるのです。

CTを撮ると言われたのですが、何のためですか?
歯科用CTは、肉眼で確認できない根管、例えば狭窄しているような場合、根管が複雑な場合、樋状という変わった根管の場合、マイクロスコープで見ても根管が見つからない場合、破折の疑いがあるがレントゲンでは確認できなかった場合、それぞれどこにあるかを判断するために撮影します。
根管治療を中断するとどうなりますか?
中断はできますがオススメしません。なぜかというと、仮フタをして1回1回の治療は終了しますが、微小漏洩といって、少しずつ根管内に細菌が感染が起こってくるからです。

また、完全に仮フタが取れてしまって、虫歯が進行し、抜歯に至ってしまうこともあるからです。

虫歯になり、歯が痛いのですが、神経を取る必要がありますか?
神経を取るのは神経が菌に感染してしまい、炎症が可逆性でなく、元に戻らないと判断されたときです。痛みがある=神経をとる、ということではないのでご安心ください。ブレア歯科麻布十番では、なるべく歯の神経を取らないように、覆髄処置を行ったり、神経に達する穴を開けないためにルーペやマイクロスコープを使用して、視野を拡大して治療を行なっています。神経を取ると不安になってる方のご相談、何でもお受けします。
以前根の治療した歯が痛むのですが、どうしたら良いですか?
神経を取り終わり、歯に被せ物をした歯に再感染が起こり、根の先端に炎症が波及すると痛みが出ます。
ストレスや疲れが溜まっていたり、体調不良などによって免疫が下がりその炎症が大きくなると、痛みや、腫れ、違和感が起こります。

このような場合は、再度根管治療を行うこともあります。行わない場合もありますが、定期的にレントゲンを撮影し、経過観察を行い、状態が進行しましたら再治療を行うこともあります。

根管治療は定期的にやり直す必要がありますか?
根管治療は基本的にはやり直す必要はありません。症状もない、レントゲン写真でも異常が見られないのであれば。しかしながら、痛みや腫れが起こってしまった場合にのみ必要があります。
実は、日本における根管治療は、欧米と比較すると、再治療になってしまう確率がとても高いのです。
成功率の違いは、ラバーダムの有無、マイクロスコープを使用するかどうか、歯科用CTの撮影をするか、そして、根管治療に精通した歯科医師が治療するかどうかが関わってきます。
再治療を行ったら、腫れてしまったのですが、なぜですか?
再治療を行う理由としては、再感染により、根の先端に炎症が起こったり、膿が溜まっていることが考えられます。再治療を行う前の状態としては慢性炎症があると考えられます。しかし再治療を開始すると、その炎症が急性炎症に変化することがあります。それは専門用語でフレアーアップといいますが、おおきく腫れたり、痛みが出ることがあります。当院ではこれらに対処するために、抗生物質や痛み止めを処方させていただいております。

フレアーアップは起こり得る可能性がありますが、起こったからといって治療が失敗しているということではありませんのでご安心ください。

マイクロスコープやCTは自費治療なのですか?
マイクロスコープの使用は基本的な根管治療では使用しませんが、治療の難しいものに関しては保険内でも使用可能です。CTも同様です。
我々は、ご自身の歯を大切にしてほしいという点から保険治療でも使用可能という措置を取らせていただいております。
MTAとは何ですか?どういう歯に使用するのですか?
MTAはMineral Trioxide Aggregateの略になります。これは、パーフォレーションリペア(根管内の穴の封鎖)や根尖切除時の逆根管充填剤、覆髄材(虫歯が大きい場合、虫歯を取り除いた後、神経を一部または全部残す)として使用されます。昔では抜歯されたり、神経を全て取らないといけなかったのが、歯や神経を残せるようになりました。
MTAはまだまだ材料費が高く保険治療では使用できないため、自費の治療になります。

どうしても神経を残したい、歯を残したいという方はお申し出ください!

根管の内部に長いコア(土台)が入っていて治療が難しいと言われました。その場合はどうしたらよいですか?
根管に長い金属製のコア(土台)が入っている場合、除去が困難な場合があります。それは、根管を破壊してしまったり、歯の破折につながるからです。
慎重に除去して取れるものもありますが、取れないものに関しては根の尖端を切る根尖切除術が適応して行きます。外科処置にはなりますが、予後はとても良いです。
歯根端切除術とはどんなことをするのですか?
根の先端(骨に埋まっている部分)の約1~2mm程切っていきます。それは根の先端程根管が分岐しており、感染を作り出しやすい環境にあるからです。
根の中から治療をしたが思うように治癒しない場合や、被せ物を外すことができず、根の中の治療ができない場合に行われます。
歯根端切除術後の歯は痛みますか?
外科処置をした後はどうしても痛みます。歯茎を切ったり、骨の中にあった膿を取っていますので腫れたりすることで、痛みは多少出てしまいます。
痛みがずっと続くようであれば、それは歯自体が折れてしまっている可能性があります。手術中にも歯の破折の確認はいたしますが、
影になって見ない部分で割れていることも考えられます。その場合は残念ですが、抜歯になってしまう可能性があります。
歯牙移植は行っていますか?
はい。当院では歯牙移植を行えます。
ただし、歯牙移植は、条件が整っていないと、できない治療になります。治療が行えそうな方には、その場で提案させていただいております。

審美歯科について

審美歯科とは何ですか?
『審美歯科』とは歯に関する意職(デンタルIQ)が高い欧米で生まれた新しい歯科分野です。
一般の歯科は虫歯などの治療が目的ですが、審美歯科は「美しい口元」を目的とする治療やケアを行う分野です。
普通の歯科で出きる治療を全てクリアした上で、あらゆる歯や歯並び、口元のコンプレックスを解消して美しい口元に整えます。
保険治療と審美治療の違いは何ですか?
現在の日本の保険治療で認められているのは、痛い所を限られた方法で治す、入れ歯を入れる、といった歯科医院における最低限の内容です。
見た目に関する治療は認められていないといっても過言ではないでしょう。
さて、審美治療において、一番の違いは使用する材料です。保険で認められる白い材料はレジンというプラスチック系のものだけです。
これだと、飲食物や嗜好品によってみるみる変色します。また、強度も弱いのでスキマができたり変形したりしてきます。
一方、審美治療に用いるのはセラミック、つまり陶材系です。食器に例えると分かりやすいと思いますが、プラスチックの食器と陶器の食器では、汚れの付きやすさ、落としやすさは格段に違うでしょう。
一昔前は強度に不安がありましたが、現在は金属にも劣らない強度を持ったセラミック系の材料ができていますので、ご安心ください。
当院では、様々な患者様の希望に添える材料をご用意しております。
銀歯は白くなりますか?
銀歯自体の色を変える事は不可能ですが、銀歯をはずして、セラミックの歯をかぶせなおすことにより違和感のない白い歯になります。
セラミックの歯の種類はどのようなものがありますか?
メタルボンドタイプやオールセラミックスタイプまで色々な素材があります。
奥歯ではジルコニア系のオールセラミックやメタルボンドがお勧めです。
アレルギーの問題や前歯の審美性を考えるなら光を通すオールセラミックが良いでしょう。
差し歯の土台は?
グラスファイバーが良いでしょう。
銀の土台を使用した場合には、歯茎が黒くなったり、金属アレルギーが現れることがあります。
また、歯に強い力がかかった時に硬い金属が内部にあると歯根が折れてしまう可能性もあります。近年では安全で変色しないグラスファイバーが中心です。
神経を取ったら変色してしまいました。
神経を取った歯は変色しやすいです。
内部が死んでしまっているので、象牙質が徐々に変色し始めます。ホワイトニングやセラミックで補うことが可能です。
ホワイトニングは安全ですか?
ホワイトニング剤の主要部分である過酸化水素、過酸化尿素は消毒用に用いられるもので、安全性についてはADA(アメリカ歯科医師会)、FDA(アメリカ政府食品医薬品局)でも認められており、アメリカでは1000万人以上の人が使用しています。
歯科医や歯科衛生士の指示を守って使用することが大切です。
被せ物の保証はありますか?
基本的に5年間の保証がつきます。
条件として、定期的にメンテナンスに来院頂く必要があります。
自費のかぶせ物はなぜ高いのですか?
歯科治療は、保険治療と自費治療の二種類あります。
保険治療は、3割を自分で負担し、残りの7割を国や会社が負担します。
自費診療の場合は、10割が自己負担です。
例えば、1000円の治療をした場合
保険治療の場合は、自己負担金額は300円で、残りの700円を国や会社が負担します。
自費治療の場合は、自己負担金額は全額の1,000円になります。それでは、自費治療と保険治療の違いは何かというと、保険治療は行う治療の内容が国から定められているため、かぶせ物の種類や治療方法が限られています。ちなみに日本では、ここ30年くらい新しい治療方法は認められていませんので、今後も新しい治療方法が保険で認められる可能性は少ないでしょう。
歯科の自費診療で代表的なものは、インプラント・セラミック・ホワイトニングなどです。
かぶせ物をしたら虫歯にならないのですか?
いいえ、虫歯にも歯周病にもなります。基本的に審美歯科のかぶせ物も銀歯のかぶせ物も同じと考えてください。歯ブラシをしなければ虫歯にも歯周病にもなります。かぶせ物をしたら虫歯にならないと思われている患者様がいらっしゃいますが、磨かなければ虫歯にも歯周病にもなります。
大きな間違いですので、きちんと歯ブラシしましょう!かぶせ物はどれくらい持ちますか?かぶせ物は、およそ10年以上持ちます。しかし、患者様のメンテナンス状態や定期検診に通われる頻度、ブラッシング方法などにでかぶせ物の寿命は大きく左右されます。
また、歯ぎしり・食いしばりのある患者様の場合、ナイトガードの装着が必要です。装着する頻度が少ないと、その分寿命も短くなります。
必ず定期検診には足を運びましょう。

インプラントについて

インプラント手術に年齢制限はありますか?
20歳以下の顎の成長期の患者様は、インプラントを行うことはできません。
上限に関しては、基本的にはありませんがインプラント手術に耐えうる体力がある方ならば何歳でも良いと思います。
分割払いはできますか?
カードによる分割払いの他・デンタルローンを用意しておりますので、分割払いをご希望の患者様は、お気軽にスタッフにお声をお掛けください。
また、当院ではインプラント手術の際に半額、治療終了時に半額という2分割払いになっております。
インプラント治療後はMRI検査ができないの?
昔は、手術で金属を入れた患者様のMRIはできないと言われていましたが、近年では心臓ステントや脳動脈クリップ、骨折治療のプレートやネジ等も普通に撮影できます。
磁石を用いている場合は影響がでますが、インプラントをしたからといってそんなに影響が大きく出るわけではなく、銀歯や金歯と同程度であると考えられますので、MRI検査は受けられます。
全身麻酔で手術をお願いできますか?
全身麻酔で手術を行う際には、入院が必要となります。
尿道カテーテルの挿入など、患者様への負担・リスクも大きくなると考えておりますので行っておりません。
その代わりに導入しているのが「眠っている間にインプラント」です。
患者様の負担も少なく、リスクもないために欧米では普通に行われている麻酔法です。
詳しくは、眠っている間にインプラントのページを参照してください。
治療期間、手術時間はどれくらい?
治療期間・手術時間は患者様のケースによって異なります。ここではインプラント1本のケースに関して説明していきます。

  • 治療期間 上顎インプラント1本は、3ヶ月、下顎インプラント1本は、2ヶ月になります。
  • 治療時間 インプラント1本は30分、インプラント2本は、40分です。
インプラントは一生使えますか?
基本的には、インプラントは一生を通し、使用できます。しかし、あくまでも人工物ですので、定期的な健診が必須となります。


PAGE TOP