ホワイトニング

診療案内 ホワイトニング

ホワイトニング(審美歯科)とは

審美歯科

白い歯はとても美しく、人の印象を大変感じのいいものにしてくれます。
しかし。コーヒーなどステインの多い食べ物・飲み物をいつも摂取していると歯の色が変色してしまうことがあります。

また生まれつき歯の色が白くないという人もいることでしょう。
歯の色が悪いという口元のコンプレックスを抱える方は多いものです。

しかし技術の進歩により、こうしたコンプレックスを解消することはできます。
こうした見た目の面で歯の治療を行ってくれるのが審美歯科です。
審美歯科では、ただ見た目の美しさだけではなく、健康で機能性もある歯を手に入れることができます。
ここでは審美歯科のひとつであるホワイトニングについてみていきましょう。

ホワイトニングとその種類

歯のホワイトニングとは、特殊な薬剤を使用して、歯を白くすることです。
この方法では、歯を削ったり抜いたりしないため、歯に対する負担やリスクが少なくて済みます。

見た目の違いは出てくるのに、歯そのものに対してはそこまでの負担がないのがうれしいです。
色が変わってしまった歯・すきっ歯・表面まで黒ずんでしまった虫歯、欠けたり折れたりしている歯でもホワイトニングは行うことができます。

安全で耐久性が高い治療法です。そんなホワイトニングには、主に3種類の方法があります。

1.35%程度の過酸化水素を含む薬剤を歯の表面に塗布し、光を当てる方法です。

オフィスホワイトニング

過酸化水素が、歯に付着している色素を分解(酸化)してくれます。この結果歯を白くできます。

オフィスホワイトニングと呼ばれる歯科医院で行われるホワイトニングでは、
高濃度の過酸化水素を使用し、レーザーや光を照射して分解作用を活性化させます。

短期間できれいな歯を手に入れたいという人にお勧めです。ただし効果は短いといわれています。

2.歯科医の指示に従って、自宅でホワイトニングを行う方法です。

ホームホワイトニング

自宅で行うホームホワイトニングの場合は過酸化尿素を使用します。
過酸化尿素は自然分解して少しずつ過酸化水素を作り出します。

よって歯科医院で行うホワイトニングよりも漂白効果が得られるまで比較的長い期間が必要です。
ホームホワイトニングは緩やかな漂白効果のため、長い時間持続できると考えられています。

3.ラミネートベニアは、歯の表面にセラミックを貼り付ける治療法です。

ラミネートベニア

ほとんどの歯に適用することができます。

シールのように張っているために、短時間で白い歯を手にいれることができます。

問題点として健康な歯を削る場合もあるということです。※当院でご希望の場合は事前に問い合わせください。

ホワイトニングの効果

ホワイトニングの効果

ホワイトニングの最大の効果は、口元を気にせずに笑え清潔感をプラスできることです。
口元には意外と目がいくものです。

ホワイトニングをするだけで、きれいな歯の印象が残り、高感度があがります。
面接や仕事にもよい影響が与えられます。
日常生活においてホワイトニングの効果は大きいのです。

効果についてはすぐに現れる人もいます。一方でなかなか効果が現れない人もいます。
繰り返し行うことでたいては効果があるといわれてはいます。

ホワイトニングの効果は、半年から1年程度といわれています。
効果を持続させるのタッチアップという方法もあり、
3ヵ月から6ヵ月おきに定期的にホワイトニングをし続けることでより長く白い歯をキープできます。

ホワイトニングの知識

ホワイトニングの知識

ホワイトニングは、1989年にアメリカで実用化された技術です。当初は、歯を削ってセラミックを被せたり、差し歯にするという方法が用いられていました。

しかしそれらの方法では、歯に対する負担がとても大きくホワイトニングをしても歯がだめになってしまうというケースが多かったのです。時が流れ技術の進歩によって歯を削ることなく色合いや明るさを調節することができるようになりました。さらには、自宅で簡単にホワイトニング治療が行うことも可能になりました。

費用のほうも比較的リーズナブルな価格になってきています。ホワイトニング技術の向上に加え、近年の美しい歯に対する社会的ニーズの高まりなどもあり、歯のホワイトニングへの関心はますます高まってきているといえます。


PAGE TOP