毎日歯磨きしてるのに虫歯に… その原因は?

コラム

毎日歯磨きしてるのに虫歯に… その原因は?

【虫歯の原因は何?】

虫歯の原因

私たちの口の中には、沢山の菌が常に存在しています。

虫歯の原因菌であるミュータンス菌は、食べ物や飲み物に含まれる糖や炭水化物を利用して『酸』を作り出します。この『酸』により、歯からカルシウムイオンやリン酸イオンという物質が溶け出します。この状態を『脱灰』といいます。

虫歯のメカニズム

虫歯のメカニズム

虫歯にならないようにお口には虫歯を防ぐ機能が備わっています。その中心的な役割をしてくれているのが唾液です。
唾液には、虫歯菌に負けないように、作り出された酸を中和して、カルシウムやリン酸など唾液に含まれる成分で、脱灰された歯を修復する力があります。
この働きを『再石灰化』といいます。
 
食べ物や飲み物で脱灰された状態を再石灰化で修復し、虫歯にならないように守ってくれています。

しかし、脱灰はたったの2分程度で起こるのに対して、再石灰化には3時間もかかるのです。
そのため、脱灰が優位に働いてしまうと、修復する力が負けてしまい、虫歯になってしまいます

再石灰化を促すにはどうすれば良い?

再石灰化を促進させ脱灰、虫歯菌から守るには、歯ブラシで汚れを落とす事が1番大切です。
汚れを落とすことで、唾液が十分に歯の表面に行き届くようになります。

しかし磨き残しがあると、唾液も行き届かず、虫歯菌も繁殖して、虫歯になりやすくなってしまいます。
ですから歯ブラシをしっかりする事がとても大切です。

【虫歯予防の歯磨きのコツとは】

虫歯予防の歯磨きのコツ

奥歯の噛む面、歯と歯茎の境目、歯と歯の間は特に磨き残しが多く虫歯になりやすい部位です。
歯垢(プラーク)が原因で口臭がする事もあります。

特に歯と歯の間は歯ブラシの毛先が届かず、約40%汚れが残ってしまうと言われています。しっかり歯ブラシを行なっているつもりでも磨き残した歯間から虫歯になるケースは多いです。歯間ブラシやフロス等清掃補助用具の使用がオススメです。

虫歯予防に効果的な磨き方はスクラビング法です。
歯ブラシを直角に当て1歯ずつ小刻みに動かしながら磨く方法です。
鉛筆を持つように握り、毛先が潰れない力加減で磨きましょう。
初めは鏡を見ながら力加減や当てる角度を確認しながらするといいですね。

歯ブラシと併用してフロスや歯間ブラシなどを使用し綺麗な状態を目指しましょう♪

虫歯は感染症

虫歯は感染症

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌(ミュータンス菌)は存在しません。
しかし噛み与えや食器の共有等で親から赤ちゃんへ虫歯菌を感染させてしまっているのです。

時期としては歯が生え始める7ヶ月〜2歳半くらいの期間は特に注意が必要です。
歯が生え始めたばかりで永久歯よりも組織が不完全な乳歯は虫歯になりやすく、乳歯が虫歯になれば細菌は受け継がれ自ずと永久歯も虫歯になります。

親が感染を防ぐためにしてあげられることは

食器を分ける

取り分け用の箸を用意したり、大人が使った箸やスプーンで食べさせない

噛み与えをしない

お肉等繊維質なものをあげるときにやりがちですが、直接的な唾液の接触は避けてあげたほうがいいでしょう

口に直接キスしない

神経質になりすぎも良くないですが、可愛さからチュッとしてしまうと感染につながってしまいます

親の口腔内の管理

親に虫歯が多いほど、子供に感染しやすいと言われています
検診を受けしっかり管理しましょう

【歯ブラシの交換は1ヶ月で!】

【歯ブラシの交換は1ヶ月で!】

歯ブラシはいつ頃交換すれば良いかご存知ですか?

歯ブラシは使用日数が経過すると、毛先が広がり、弾力性も無くなってきます。
するとプラーク除去率が下がり、磨き残しが多くなってしまいます。

また歯ブラシの毛の部分に菌が繁殖していきます。
菌の繁殖を防ぐ為にも、1か月で交換するのが理想的です。

ただし、1か月経過していない場合でも、毛先が広がってしまった場合は交換時期です。
劣化した歯ブラシを使用することで、磨き残ししやすくなり、虫歯菌や歯周病菌が増え活動が活発になってしまいます。
また、歯ブラシに付着した菌で歯を磨くため衛生上もよくありません。

定期的に交換しましょう♪

虫歯を予防

虫歯を予防

虫歯菌の栄養源は食べ物や飲み物に含まれる糖分です。食事の度に酸が溶け出して、お口の中で虫歯が出来やすくなります。
食事の後しっかり歯ブラシを行い、自身でプラークコントロールを行いましょう。

また、虫歯ができる前に歯医者さんでクリーニングを行い、虫歯になりにくい環境を作って上げることも必要です。
お口の中には歯石やバイオフィルムといった歯ブラシでは落とすことのできない細菌の塊がついて来てしまいます。

当院で定期的検診を行い口腔内を健康な状態に保ちましょう。

PAGE TOP