コラムColumn

歯を磨いても虫歯になってしまった!原因はなぜ?

歯をしっかり磨いているのに虫歯になってしまう3つの原因

食後の歯磨きは大切だと思い、毎日欠かさずしっかり磨いていても虫歯になってしまうことがあります。
それはどうしてでしょうか。
時間がなくて適当に歯磨きをしてしまう等、間違った歯磨きをしていませんか。
また、歯磨きだけが原因ではなく、歯並びの悪さや、食生活によっても虫歯はできやすくなります。
そこで少しでも原因を改善して虫歯ができないように努力しましょう。

1. 食後に歯を磨いていても間食を頻繁にする

食べ物を摂らない間は酸によって歯が脱灰される時間が短くなるので虫歯になりにくくなります。
また甘いものをたくさん食べると虫歯になりやすいというのは、量よりも頻度が多いと虫歯になりやすくなります。
しかし甘いものはやはり虫歯の強敵です。食べたら歯磨きはしっかりと行い、残ったカスを完全に取り除くことが大切です。

歯の王子
脱灰(だっかい)とは、歯のカルシウムやリン酸などが食べ物を食べることで発生する酸によって溶けてしまうことだ。
麗子
間食を頻繁にとっていると酸が出続けるので虫歯になりやすくなります。
間食をたくさんとって1回のみにする方が虫歯予防になるわ。
けれど歯磨きはしっかりとするのが基本ね。
花子
砂糖入りの紅茶やジュースをダラダラ飲んでいると口の中がずっと酸性になったままなので、一気に飲んでうがいをしておくと安心ね。

 

2.歯の正しい磨き方が不十分

歯を磨いたつもりでも歯の隙間はなかなか完全にきれいにできないものです。
虫歯予防としての正しい歯磨きは、歯磨きの後に歯間ブラシやデンタルフロスを使うと効果的です。
時間もかかり最初は面倒ですが、慣れてくると早くできるものです。
朝時間がない人は就寝前に行ってもよいでしょう。
歯磨き粉はフッ素入りのものなら効果的に虫歯予防ができます。
また歯磨きは研磨剤入りですと歯のエナメル質を剥がしてしまうので虫歯になりなすくなるので注意しましょう。

麗子
歯を磨いても目に見えない部分に食べカスが残っています。
この状態を放っておくと歯垢が蓄積されやがては虫歯になってしまいます。億劫でもデンタルフロスなどの習慣をつけることで完璧な虫歯予防ができます。

 

3. 生まれつき歯並びが悪い

歯並びが悪いと歯磨きも隅々まで届くことができないので磨き残しが出てしまいます。
特に一番奥にある親知らずは不規則に生えてきますので虫歯になりやすいです。
産後に歯並びが悪くなったなど後から歯並びが悪くなることもあります。
矯正をしたりインプラント治療で歯並びを整えたりすることで歯磨きも楽になり虫歯になりにくくなります。

しっかり歯磨きができているつもりでも、虫歯になってしまうのは歯磨き不合格ということです。
歯磨きは習慣の一つで誰でも行うものですが、やり方を間違ってしまうと歯を磨いた意味がありません。
歯磨きを完璧に行うには“フッ素入りの歯磨き粉を使用し、仕上げにデンタルフロスなどで歯間の掃除をしましょう。
また間食を頻繁に摂らないようにし、口の中を酸性状態にしておくことは避けましょう。

今すぐ予約したい方
03-3505-4618電話受付9〜19時半(土日は17:30まで)
3日以降のご予約
WEBから予約24時間受け付けております。

麻布十番歯科・矯正歯科は
痛みに配慮した、
おもてなしの歯医者です。

診療時間
9:00〜13:00
14:00〜19:30 - -
14:00〜17:30 - - - - -

※平日最終受付は19:00まで
※土日の最終受付は17:00まで
[休診日]祝日

AED
TEL:03-3505-4618
地図

〒106-0044 東京都港区東麻布3-8-8 明商ビル1F
大江戸線 麻布十番駅 6番出口より徒歩10秒
南北線 麻布十番駅 6番出口より徒歩10秒
Google マップを開く >