妊娠とお口のトラブル

コラム

妊娠とお口のトラブル

妊娠性歯肉炎の原因

妊娠性歯肉炎

妊婦さんになると小さな命を守るために身体に様々な変化が起こります。それはお身体だけでなくお口の中にも影響を与えます。
妊娠してから歯ブラシの時に歯茎から出血するようになった、歯茎が腫れぼったいと感じている方は妊娠性歯肉炎かもしれません。

 
原因
妊娠性歯肉炎の原因

妊娠すると歯肉炎にかかりやすくなってしまうのは女性ホルモン(エストロゲン)が体内で増え、それを好むある種の歯周病菌が増殖していくためです。
つわり等で歯磨きが十分にできていなかったり、食生活の変化などが起こり口腔内の環境が乱れてしまうと細菌が活発に活動します。

エストロゲンは妊娠中期〜後期にかけて増えるためこの時期に妊娠性歯肉炎を発症する方が多いです。
ただ、しっかりと歯ブラシを行いプラークコントロールができていれば歯肉炎になるのを防げますし、炎症が起きても軽度ですみます。妊娠中期をすぎたら、特に気をつけてしっかりとケアを行いましょう。

歯周病と低体重児出産・早産

近年、歯周病が低体重児出産や早産を誘発することが指摘されています。
母親が歯周病に罹患している場合、早産のリスクは7倍にものぼるといわれています。

通常臨月になるとプロスタグランジンという物質が分泌され、一定量に達すると分娩が始まります。
妊娠中に歯周病に罹患してしまうと炎症を抑えるためにプロスタグランジンが作られてしまいます。
すると分娩時と同じように子宮の収縮が促され、早産に繋がってしまうのです。

治療

妊娠と歯周病 治療

歯肉炎の基本治療は、ブラッシング指導・歯石除去・修復物のチェック・噛み合わせのチェックです。 
妊婦さんが治療を受けられるタイミングは妊娠5〜7ヶ月の安定期が望ましいといわれています。
妊娠初期に出血や歯茎の腫れなど気になることがある場合は応急処置を行い安定期に入ったタイミングで本格的な治療を行いましょう。

予防

虫歯の原因

妊娠性歯肉炎を予防するには日々の歯ブラシでのケアが重要ですが妊娠中はつわりでしっかり磨けないことも少なくありません。
そんな時は、

●こまめに水分を取る
口の中が乾燥していると、細菌が増殖しやすくなります。
甘い飲み物や炭酸飲料は避けて、水やハーブティーなどノンカフェインのもので口の中をこまめに潤し、できる時はうがいをしましょう。

●体調の良い時に長めに磨く
体調が良い時を見計らい長めにしっかり歯磨きを行いましょう。
歯磨剤が苦手な方はお水だけで磨く、通常より少し小さめの歯ブラシを使うと気持ち悪さが軽減できるかもしれません。

●洗口液の使用
もちろん洗口液だけでは十分なケアとは言えませんがつわりが辛く歯ブラシをお口の中に入れられない時は洗口液でうがいするだけでも細菌増殖を多少防ぐことができます。

●歯医者さんでクリーニングをする
お家でのケアが十分にできない場合は通常よりも少し短い間隔で受診し検診・クリーニングを受けましょう。
(受付で妊娠中であることを伝え、母子手帳をご持参ください)

出産後もしっかりケアを!

出産後のケア

出産後もすぐにホルモンバランスが安定するわけではないので注意が必要です。
妊娠性歯肉炎の状態からお口の中の環境が改善されないと本格的な歯周病へ移行してしまうこともあります。
また出産後の歯周病の発症は赤ちゃんへの感染リスクが高くなるため、歯周病ケアや虫歯の治療もしっかり行いましょう。お身体や体調が落ち着いたら歯医者さんで検診を受けましょう。

生まれたての赤ちゃんは無菌です。虫歯菌も歯周病菌も外部からの細菌感染です。
お母さんやお父さんのお口の中の状態は赤ちゃんのお口の中にも影響を与えます。
赤ちゃんに歯周病菌や虫歯菌をうつさないために、「噛み与えをしない」「大人と食器を共有しない」「口に直接キスしない」など感染リスクを下げる対策をしてあげましょう。

PAGE TOP