コラム

ラバーダム防湿:
歯の根の治療を成功させるために必要な4つのこと

ラバーダム防湿とは、歯の根の治療において非常に重要な“無菌的処置”を行う為にお口につけるゴムのマスクの事を言います。

第1回の“治療間隔”でもお話しましたが、私たちは歯の根の治療を成功させるため、いかに細菌感染がないようにするかに注力しています。

今回はラバーダムの効果とその目的、注意することについてお話していきます。

ラバーダムの効果と目的

ラバーダムの効果と目的

手間がかかってもこのラバーダム防湿を行う目的は以下のとおりです。

・無菌的な治療が可能になる。(唾液や呼気にも多くの細菌がいるため、その侵入を防ぐ。)
・切削片の嚥下防止
・器具の誤飲防止
・薬液や切削器具による口腔粘膜損傷の防止(非常に濃度の高い消毒液を用いるため、口腔内への液漏れを防ぐ。)
・術野を確保する

ラバーダム装着の実際

ラバーダムの注意事項

ラバーダムの効果と目的

・ラバーダムをお口に装着すると口呼吸ができないため、鼻づまりなどの症状がある方
・ゴムアレルギーの方
・一定時間お口を空いたままでいると顎が痛くなる方

上記に該当する方はお気軽にご相談下さい!

更新月から記事を探す

PAGE TOP