虫歯

診療案内 虫歯

虫歯の治療法

虫歯には誰もが一度はかかったことがあるのではないでしょうか?
歯の痛みに気づき、歯医者に駆け込み治療したという人も多いと思います。

そんな虫歯の治療と一言に言っても、虫歯の進行度合いなどによって大きく治療法は変わってきます。
かかる可能性が大きい虫歯について、どんな治療法があるのか詳しく知っておきましょう。

詰め物による治療(虫歯が小さい場合)

詰め物による(インレー)治療

虫歯の部分のみを削り取り、詰め物(インレー)を詰める治療法があります。削るときには、虫歯が大きければそれだけ痛みが生じる可能性があります。場合によっては麻酔を使用して歯を削ることもあります。

またインレー治療ではカバーできないこともあります。その原因として虫歯の大きさや噛み合わせがあります。それらの要素によっては、クラウン(被せもの)を使用することもあります。とても簡単な治療法で、虫歯の治療法の場合多くがインレー方法で行われます。

インレーには金属・レジン(プラスチック)・セラミック(陶器)のものがあり、保険内のものもあればそうでないものもあります。治療費が多く変わってきます。たいていは1回の治療で虫歯を治すことができます。

抜歯による治療(虫歯が進行している場合)

抜歯による治療

虫歯が進行して歯の根っこしか残っていないと、歯の根っこの病気がひどくなり、歯の根っこが割れてしまうことがあります。そこまで進行している時は、歯を抜くしかありません。

無理に残しておくと他の歯や骨に悪影響を与えます。歯並びやかみ合わせ、また歯茎のことを考えて歯が無くなった部分にも、差し歯などの方法で歯を補います。ただし親知らずや、一番奥の歯である場合は、歯を補わないこともあります。この状態になる前に治療に望むのが理想です。

差し歯にもさまざまの種類があり、保険が適用されるものとそうでないものがあります。それによって治療費が大きく変わってきます。

乳歯の虫歯治療(子供の場合)

子供の虫歯治療

乳歯は虫歯になってもそのうち永久歯と生えかわると思って、子供の虫歯を放っておく親御さんがいます。しかしこれは大きな間違いです。

なぜならば、虫歯をそのままにしておくと永久歯の歯胚が傷付き、永久歯が変色することがあります。さらに歯が動き永久歯が生えるスペースがなくなり、適切でないところに永久歯生えるということもあります。つまり永久歯に大きな影響を与えるのです。

子供(乳歯)の虫歯をしっかりと治療しておくことは、将来の永久歯にも関係してくるのです。子供の虫歯の場合は、治療法をまずは医師に相談してみましょう。さらに子供虫歯は痛みが感じにくく、わからないうちに進行することがあります。

進行の早い子供の虫歯は、気づいた時にはかなり進行していたということがあります。親が子供のお口の中をチェックしたり、定期的な検査をお勧めいたします。


虫歯の予防治療

虫歯の予防治療

虫歯はできてしまったら早めに、治療することが望ましいです。早期発見早期治療によって自分の歯を傷つけなくてもいいのです。

さらに、虫歯の予防も大変大事です。
予防がきちんとできていれば、かなりの程度虫歯は防げます。最大の虫歯の治療は、歯石やプラークなど、虫歯の原因を取り除くクリーニングといえるかもしれません。定期的な検査や掃除をお勧めします。

虫歯には、その段階によってさまざまな治療法があります。それぞれの治療法には、さまざまな選択肢があります。結果として自分である程度の決定を下さなければならないことも出てきます。

医師と相談しながら自分の治療方針はどのようにしてほしいのか?ということに対して明確なプランを持っていることが大事になるでしょう。


PAGE TOP