診療案内 虫歯


歯の構造

大人の矯正治療

虫歯の前に歯の構造を理解しましょう。歯の構造は、簡単に3層構造から成り立っています。

1、エナメル質は、歯の1番外側になり、人間で言うとヘルメットの役割をします。
2、象牙質は、人間でいう頭蓋になり、エナメル質に比べると非常に柔らかいです。
3、歯髄(神経)は、人間でいう脳みそになります。かなり柔かいというかふにゃふにゃになります。

この歯の周りを歯肉と骨が覆っている形となります。

虫歯とは?

簡単に言えば、虫歯とは、酸で歯を溶かして穴が開くことです。その過程には、様々な事柄がありますが、シンプルに考えれば溶けて穴が開くです。

ミュータンス菌と呼ばれる虫歯菌のエサは、糖になります。糖を食べたミュータンス菌は、酸という便を出します。

この酸が歯を溶かして虫歯を作るという流れになります。単純な流れになりますが、歯の方もそれを防ぐために、歯の表面が溶けては、また、再石灰化して戻りを繰り返して、虫歯になるのを防いでいます。

虫歯の原因(発生メカニズム)


※画像をクリックして拡大できます。

虫歯の原因は、様々ですが、時間・細菌・歯の質・糖分の4つが複雑に絡み合って、虫歯が発生します。どれか1つでも欠けてしまうと虫歯は、発生しません。良く甘い物を食べると虫歯になるからやめなさいと幼少のころ言われた記憶がありませんか?

実は、これは甘い物を食べたからといって虫歯になるのではなく、虫歯菌と呼ばれているミュータンス菌が有名ですが、ミュータンス菌だけでは、虫歯歯発生しません。そこに時間・歯の質・糖分が必要になります。4つが重なると初めて虫歯が発生する仕組みになります。

また、上記の4つ以外にも唾液の存在が大きいと言われています。唾液が多く出る場合は、歯の汚れが流されますので、それだけ虫歯になりにくくなります。その逆もまたしかりで、唾液が出ないと虫歯になりやすくなります。我々は、唾液の緩衝能と専門用語で呼びますが、要は、唾液が多いか少ないかになります。

初期虫歯って?

大人の矯正治療

写真で見るとわかるかもしれませんが、初期の虫歯は着色して茶色くなっています。この場合、茶色い部分を探針で探ってみると硬い場合がほとんどで虫歯の柔らかさを感じることがありません。

初期虫歯は、ほとんどの場合が石灰化して白くなった部分に着色している状態が多いですね。そのため、患者さんから見えるような部分ですと多くの患者さんがこれは虫歯なのではないか?と聞かれることがあり、レントゲンを撮ってみると虫歯のような影もなく、探針で触ってみても硬い場合がほとんどです。

初期虫歯の診断は、非常に難しいです。歯科医師によって虫歯の診断は様々ですし、基準も違います。患者さんによっては、初期虫歯を削られたとおっしゃる方がいますが、お口の中を見てみると汚れだらけで、初期虫歯でも放っておいたら虫歯が進行してまうようなケースが多いです。

初期虫歯を積極的に削るのか?
削らずにフッ素塗布などで様子を見ていくのか?非常に難しい選択になります。

虫歯治療

大人の矯正治療

誰もが嫌な思い出がある虫歯治療です。ドリルのキュイーーーンという音を思い出しただけで身震いしますよね。虫歯治療は、基本的には削って詰めるという治療方法が、一般的ですが、その他にもあります。以下に虫歯治療の種類をあげます。

CR(コンポジットレジン)
ダイレクトボンディング
インレー
アンレー
クラウン
ブリッジ
インプラント
入れ歯(義歯)

合わせて読む:
虫歯治療について

虫歯の痛み

大人の矯正治療

虫歯の痛みも浅い場合と深い場合で大きな違いがありますね。

虫歯浅い:
虫歯が浅い場合は、多くは冷たい物に大きく反応します。例えば、知覚過敏のようなしみる痛みと浅い虫歯の痛みは、非常に良く似ています。

虫歯深い:
虫歯が深い場合は、痛みの程度としては非常に強い痛みになります。身体の痛みの中では1番強いと言われています。昔は、拷問に歯の神経をいじったりしたそうです。怖いですね。虫歯の痛みは、本当に脳天につき刺さるくらいの痛みですので、是非、深くなる前に治療を行いたいですね。

虫歯を放置すると?

大人の矯正治療

虫歯を放置するとどのようになるのか?神経に達するくらいの虫歯は、非常に激しい痛みに襲われますが、神経が死んでしまうと痛みが一旦治ります。その後、放置しておくと根の先に膿が溜まっていきます。その膿が溜まっていくと行き場を失って痛みが再度襲ってくることになります。

最終的にそれでも放置しておくと膿がどんどん溜まっていくので、顔や首などが腫れ上がってしまい発熱が続き最終的には、救急に運ばれて切開排膿することになります。

合わせて読む:
虫歯の放置について

黒いのは、虫歯?

大人の矯正治療

「先生、歯が黒くなってきたんですが、虫歯ですか?」このような質問を受ける時が非常に多いです。黒=虫歯というのは、間違っていますが、虫歯の可能性が高くもあります。そのため、やはり鑑別診断が必要になります。しっかりと診断するには、まずは探針などで柔らかくないか?探ってみます。柔らかい場合は、虫歯と判断します。

レントゲンを撮って次は、確認を行います。レントゲンは、柔らかければ黒く写ってきますので、非常にわかりやすく診断をすることができます。

歯科医院で診断が難しいケースは、歯と歯の間の虫歯や金属のかぶせ物の近くは、ハレーションといってレントゲンでも見えないことがあり、診断が難しい場合があります。歯科医院での定期検診で虫歯のチェックも非常に重要ですが、日々のご自分での歯ブラシやフロスやナイトガードなどのメンテナンスが最も重要になりますので怠らないようにしましょう。

虫歯の神経治療

大人の矯正治療

虫歯の神経治療は、虫歯の深さが神経に達している際に、行う治療になります。虫歯の神経治療は、神経を取り中を洗浄して最終的に防腐剤を詰めるという治療ですが、人により歯の神経の走行が様々ですので、回数がかかります。虫歯の神経治療だけで最低4回は、必要になります。

虫歯の神経治療は、痛いの?とよく聞かれるので、ここで答えますと基本的に、患者さんが来院された時に痛みが強い場合には、麻酔がPHの関係で効きにくいですので、痛みがある場合があります。基本的に虫歯の神経治療をする場合は、麻酔をしっかりと効かせるので痛みを感じることは、少ないです。

虫歯の進行と治療方法


※画像をクリックして拡大できます。

虫歯の見た目を写真で!

C1
大人の矯正治療

黒い虫歯があるが、エナメル室内の浅い虫歯です。

C2
大人の矯正治療

虫歯がエナメル質を超えて中まで進行しています。

C3
大人の矯正治療

虫歯が神経に達してます。

C4
大人の矯正治療

虫歯が神経まで達して歯冠が崩壊しています。


PAGE TOP